お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【音声配信】特集「話題のドキュメンタリー映画『主戦場』〜様々な主張から見えてきた、従軍慰安婦論争の本質とは?」ミキ・デザキ監督×荻上チキ×梁澄子 2019年4月24日(水)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」22時~)

荻上チキ Session-22

荻上チキ・Session-22

TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』(平日22時~生放送)
新世代の評論家・荻上チキがお送りする発信型ニュース番組。

Main Session 時事問題など、およそ1時間にわたり特集
話題のドキュメンタリー映画
主戦場』〜様々な主張から見えてきた、従軍慰安婦論争の本質とは?



従軍慰安婦問題をめぐる論争をテーマにしたドキュメンタリー映画「主戦場」が、先週末から渋谷のシアター・イメージフォーラムで公開され、早くも大きな話題となっています。
この映画は、日系アメリカ人・ミキ・デザキ監督が、慰安婦の人数や強制性の有無、証言の信用性、性奴隷という用語が適切かどうか、など慰安婦問題をめぐる様々な論点について、右派言論人や政治家、歴史学者、元慰安婦の支援者など、主張の対立する論者たちに、インタビューを重ねていく作品です。
今夜は、ミキ・デザキ監督がなぜ、慰安婦論争をテーマに作品を撮ろうと考えたのか、監督のインタビュー、そして映画に登場する言論人らのインタビュー音声も交え、改めて、慰安婦論争の本質を考えます。

【インタビュー出演】
この映画の監督・脚本・撮影・編集・ナレーションを担当した ミキ・テザキ さん

【ゲスト】
日本軍「慰安婦」問題解決全国行動 共同代表 梁澄子 さん

★番組では月曜から金曜まで、その日のテーマについてなど、メールマガジンを配信中★
登録したい方はこちらからお願いします

===============================
「荻上チキ・Session-22」
TBSラジオで平日午後10時から生放送!
*ラジオはAM954/FM90.5
*パソコンorスマホで「radiko」でどうぞ
===============================