お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「DANONE DENSIA presents 毎日骨活講座」~「ロコモ対策」~ イシハラクリニック院長・石原結實先生

生島ヒロシのおはよう定食|一直線

“聴くスポーツ新聞”「生島ヒロシのおはよう一直線」

(毎週月~金 朝5時30分〜6時30分)

ニュース、スポーツ、そして健康、シニアライフ、介護などをキーワードに、

生島ヒロシがわかりやすく、元気に様々な情報をお伝えしています!


毎週月曜日の6時10分頃からは、「DANONE DENSIA presents 毎日骨活講座」

専門家の方にアドバイスを頂きながら、皆さんの健康生活に役立てて頂こう、というコーナーです。

今回は、イシハラクリニック院長・石原結實先生に、「ロコモ対策」をテーマにお話いただきました。

 

<石原先生のお話>

Q、「ロコモ」とは?
ロコモとは、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)の通称。「立つ」「歩く」といった機能が低下している状態のことを言います。骨や関節、筋肉など運動器の衰えが原因。便利な現代社会において、人間は足腰を使う機会が少なくなっています。全世代の人たちに注意が必要です!

 

Q、骨量を増やすには、どのような運動がよいか?
刺激の強い運動(テニス・エアロビクス・バレーボール)、刺激が弱い運動(ウォーキング)を多くこなす。この二つの方法が考えられます。どちらの方法を選択してもOK。いずれにせよ「継続」することが大事。気長に確実に行う事です!

 

石原先生の新刊「症状でわかる!Dr.石原のお悩み相談室」(海竜社)も是非、チェックしてください。

 

詳しくは、radikoのタイムフリーでお聴きください!

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)