お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 音声あり

【音声配信】「世界最大級の知の殿堂・ニューヨーク公共図書館。その実像に迫る」菅谷明子×竹内利明×荻上チキ▼2019年4月9日(火)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」22時~)

荻上チキ Session-22

荻上チキ・Session-22

TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』(平日22時~生放送)
新世代の評論家・荻上チキがお送りする発信型ニュース番組。

Main Session
時事問題や社会問題などをおよそ1時間にわたって特集します。

4/9(火)のテーマ

「世界最大級の知の殿堂<ニューヨーク公共図書館>。図書館の概念を超えた、その実像に迫る」

世界最大級の知の殿堂「ニューヨーク公共図書館」〜図書館の概念を超えた、その実像に迫る

映画「ティファニーで朝食を」や、漫画「BANANA FISH」などにも描かれたニューヨーク有数の観光スポットで、人文科学や社会科学、美術などおよそ6,000万点ものコレクションが所蔵されていることから、世界最大級の“知の殿堂”として知られる「ニューヨーク公共図書館」。

ドキュメンタリー映画の巨匠、フレデリック・ワイズマン監督が、その舞台裏を記録した映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』が来月18日から、岩波ホールなどで順次公開されます。

ニューヨーク公共図書館は、合わせて92の図書館からなるネットワークで、ITの活用や独自のイベント、就職のサポートや起業家の支援など、従来の概念を超えた、市民社会を支える情報インフラとして進化。「未来をつくる図書館」として、世界の注目を集めています。

そこで今夜は、本を貸し出すだけでなく、情報と人、人と人、インターネットと実世界を結びつける、図書館の進化形、「ニューヨーク公共図書館」に迫ります。

【スタジオゲスト】

アメリカ在住のジャーナリスト、菅谷明子さん

電気通信大学産学官連携センター・客員教授の竹内利明さん

未来をつくる図書館―ニューヨークからの報告― (岩波新書)メディア・リテラシー―世界の現場から (岩波新書)

★番組では月曜から金曜まで、その日のテーマについてなど、メールマガジンを配信中★
登録したい方はこちらからお願いします