お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 音声あり

からだで学ぶ、楽しんで学ぶ、2020年に向けて子供のSTEM教育!

AI時代のラジオ 好奇心プラス

今週は「AI時代の子どもの教育」に好奇心!

今回はSTEM教育スクール「ステモン」代表の中村一彰さん、
自然と触れ合う英語プリスクール「キッズアイランド」代表の堺谷武志さんをお迎えしました。

■ 「ステモン」代表の中村一彰さん

フロッグマン「STEMとは、
 S:Science
 T:Technology
      E:Engineering
      M:Mathematics

      それぞれの頭文字を取って、
      科学・技術・工学・数学の教育分野を総称した言葉。
      STEM教育はこれら4つの学問の教育に力を注ぎ、
      IT社会とグローバル社会に適応した
      国際競争力を持った人材を多く生み出そうとする、
      21世紀型の教育システム!」

伊東楓2020年、プログラミング教育が小学校で必修化!
 それにより、今からプログラミングを学ぶ流れに。」

フロッグマン「ステモンは、週に一度、1回60分の授業を行ってるそう。
 ”つくることで学ぶ”が一番のコンセプト!
 40分間はつくることをしている。
      その中で子供たちなりに試行錯誤しているが、
      ほとんど遊びに来ている感覚!
      身体を動かして、体験して覚えていく!」

伊東楓「社会に出るとどの職種でも触れるもの・・・。
 これまで学ぶ機会・触れる機会が家庭によって違っていたのが、
 学校での学びによってそういったテクノロジー格差をなくしていける!」

フロッグマン「中村さん著『AI時代に輝く子ども STEM教育を実践してわかったこと』
 ”本当の賢さ”を引き出す教育のこれから!
 今日うかがった内容がぎゅっと詰まっております。
      昨年12月に発売。是非チェックしてみて下さい!」

■「キッズアイランド」代表の堺谷武志さん

フロッグマン「キッズアイランドは、インターナショナルな環境で
 人と自然にたっぷり触れ合おう!というコンセプト!

 2、3才の子供が公園で季節を感じながら
      指先を沢山動かして、外国人の感性と触れ合うというもの。
      好奇心が育ってくる!!

伊東楓「ただ、幼稚園のクラスでも、
 短い時間ながら理科の実験や、
 算数を使ったゲームなども13年前程からしている!      
      ワイルドかつアカデミック!!

フロッグマン楽しむことが子どものエネルギーの源!
 都会でなかなか再現しにくいので、
 そこをカバーするような環境を。
      英語はサバイバルイングリッシュ!
      分からなくても、分かろうとする!
      なんとか楽しんでコミュニティをとる!!

■【おしらせ】

来週はお休みです!次回は3月15日です~!

■<AI犬 ドッチくん>の無料アプリ!

ドッチくんのアプリ(無料)リリースされています!!
<iPhone><iPad>のみ対応です。
App Storeで「好奇心プラス」と検索してください!!
あなた専用のドッチくんがあなたの手元に!!
ぜひ可愛がってあげてください!

ラジコでもお聞きいただけます。http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20190301210000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)