お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

きっと、あなたにも関係のある話。『医療用ウイッグ』って、知っていますか?

ジェーン・スー 生活は踊る

2月22日(金)の「生活情報のコーナー」では、
ヘアドネーション特集の第2弾として、
“医療用ウイッグ” について、取り上げました。 

みなさんは、昨年12月14日の放送で、
「ヘアドネーション」というボランティア活動をご紹介したこと、
覚えていらっしゃるでしょうか。

(※初めて耳にした方は、こちらの記事をチェックしてみてください。)

「ヘアドネーション」とは、その名の通り、
“切った髪の毛を寄付する活動”のこと。

放送後、リスナーのみなさんからも、
「私もヘアドネーションに参加しました!」といった、
ご報告のメールをいただきました。

さて、寄付した髪の毛は、「医療用ウイッグ」に加工されるわけですが…
この「医療用ウイッグ」とは、一体なんなのでしょうか。
ふつうのウイッグとは、どう違うのでしょうか。

今回は、知っているようで知らない、
「医療用ウイッグ」について、基本的な情報を学んでいきました。

詳しくは、ぜひラジオクラウドをお聴きください!

 

「医療用ウイッグ」は、ふつうのウイッグと、どう違うの?

さて、「医療用ウィッグ」は、ふつうのウイッグと、どう違うのでしょうか。
医療用ウイッグの開発から販売までを手がける、
「NPO法人 全国 福祉理美容師 養成協会」、
略して、「ふくりび」の事務局長・岩岡ひとみさんにお話を伺ってきました。

「ふつうのウイッグ」とは、想定されている使用シーンが異なります。
ただ、病気になったとしても、医療用を使わなければいけない理由はありません。
なかには、複数のコスプレ用ウイッグを使い分ける方も。
一方、「医療用ウイッグ」は、長時間の着用を想定されているため、
裏地が柔らかかったり、サイズが調整できるんです!


このように、「医療用ウイッグ」の装着部分には、
人工皮膚が付いていて、肌触りがとても良い!

また、日常での長時間使用を想定しているため、
「ふつうのウイッグ」と異なり、“耐久性”“通気性”に優れています。
病気の方だけでなく、映画の撮影にも使用されるとのこと。
本当にクオリティが高いです。

ガン治療の場合、「医療用ウイッグ」を着用する期間は、
およそ1年半から2年の方が多いそうなんですが、
地毛と同じように、カットやカラー、パーマを楽しめます。

また、「ふくりび」や 提携のサロン で、
セミオーダー型の「医療用ウイッグ」を作れば、
顔まわりのスタイルなどにもこだわって、自然に仕上げることができます。

最初は長めにして、徐々に短くしていくと、
地毛が生え揃ったタイミングで、違和感なく切り替えられるそうで、
「最後まで、ウイッグであることを気づかれなかった」なんてことも。

では、実際に「医療用ウイッグ」を使われた方は、どんな感想を抱くのでしょうか。

「医療用ウイッグ」は、ガン治療の初期に必要となる。
最初の段階で良いサポートが受けられれば、気持ちも明るくなる。
「外出してみようかな」「結婚式に出席してみようかな」といった心持ちに。
生活が元に戻ってくる。病気になっても、生活は続く。
よりよい生活を送るための“武器”。ファッションアイテムの1つと考えてほしい。

病気になると、ふだん通っていた美容室に行かなくなるなど、
オシャレを諦めてしまい、気持ちが塞ぎ込んでしまう方も多いそうです。

確かに、綺麗な髪だったり、新しい洋服や靴、
ネイルをするだけで、気分が明るくなることって、ありますよね?

ガンの治療には、長い時間を要することも多いですが、
「医療用ウィッグ」なら、前向きに日常を送れるかもしれませんね!

「医療用ウイッグ」って、どこで手に入れるの?

医療機器ではないので、医師の診断書などは必要ありません。
「特定の病気にならないと買えない」ということはなく、誰でも購入できます。

たとえば、「円形脱毛症」で悩まれている方など、
部分的にウイッグを作ることも出来るそうなので、
「ふくりび」や 提携のサロン に相談してみると、よいかもしれません。

そうは言っても、「今の自分には関係ないや…」という方も多いかも。

すぐにでも、行動に移せることは?

「ふくりび」では、「フォー・ユー・ウイッグ」というサービスを展開しています。
自分自身をはじめ、家族や友人など、
4人分の髪の毛で オーダーメイドの「医療用ウイッグ」を製造するサービスです。

当然のことながら、人毛を使ったウィッグは、
知らない人の髪の毛が使われていますが、
これなら、“自分の髪の毛を活用して、自身が脱毛することに備えられる”わけです。

また、「医療用ウィッグ」は、医療機器ではないため、保険適用はありません。
ただ、港区など、ウィッグの購入に対して、
助成金が支給される自治体もあるようなので、調べておくとよいかもしれません。

そして、もし自分や周りの人が病気に罹って、
外見のことについて悩んだ時は、
今回の「ふくりび」のような「アピアランスセンター」という施設があること。
ぜひ、知っておいてください。

いまや、2人に1人が、ガンに罹る時代。
自分も含めて、いつ誰が、病気や治療によって、
「ウィッグ」が必要になるか、わかりません。そういった情報も備えておきましょう。

なお、「医療用ウィッグ」について、「もっと知りたい!」という方は、
「NPO法人 全国福祉理美容師養成協会」、
通称「ふくりび」の公式ホームページを参考にしてみてください。

また、取材にご協力いただいた、
「ふくりび」の 岩岡ひとみさんですが、
WEBサイト「Forbes JAPAN」で「岩岡ひとみのBeauty & Society」という、
コラムの連載が始まったそうです。あわせて、チェックしてみてください。

以上、番組からの「生活情報」でした!