お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


宇野亞喜良さん「MASACA!或る日電話が…」

コシノジュンコ MASACA

TBSラジオで日曜17時から放送中の『コシノジュンコ MASACA』
コシノジュンコが今、気になる人をお招きしお話を伺います。
2015年11月29日(日)、12月6日(日)は、宇野亞喜良さんをお招きしました。

MASACA!或る日電話が・・・

ゲスト:宇野亞喜良さん part1

JK:もう一番憧れた人。

宇野:僕がMAXFACTORという化粧品のデザイン作業を初めて、2度目くらいのキャンペーンでジュンちゃんに電話を入れて。

JK:私はもともと宇野さんに凄く憧れていて、こんな人、日本によくいるな、もうピカソより凄い!と思っていて・・・

宇野:何言ってんの。

JK:いや、勝手に思っていて。それがね、電話で何気なく「宇野ですけ」って電話かかってきて、「あ、宇野さんですか。」って、繋がらないわけ。それで実際に会ったら、「あ!あの宇野秋良さん!」って、そこから私、震えて喋れないわけ。

宇野:喋りましたよ。結構。

出水:ご紹介させていただきます。1934年、名古屋市生まれ、日本を代表するイラストレーターとして、多くの企業広告やポスター、挿絵を手掛けられて、また寺山修司さん主宰のの天井桟敷の公演ポスターや舞台美術を担当するなど、演劇界においても大きな影響と足跡を残していらっしゃいます。1995年には紫綬褒章、2010年には旭日小綬章を受章されていらっしゃいます。

JK:大変な方なのよね。

宇野:この二つの章は、老人になった印で

JK:そんなこと言ったら、他の人に悪いじゃない。

宇野:(苦笑)みんなそうですね、大体ね。

出水:先日ジュンコ先生は、宇野さんの作品集の出版記念展に行ったということなんですよね。

JK:もうねえ、すっごく人が、ファンが沢山じゃないですか。行ったら入りきらないくらい人がいて。小さいところなんだけど、だからコンパクトで凄くチャーミングな絵がぱーっと置いてあるでしょ。あってたのね。大きい所でやるより、すごいキュートで。

宇野:あの~。画廊のオーナーがね、すごい魅力的で。画廊についているファンもいるんですよね、女性なんだけど、女性ファンがつくとか。そういう効果もあって、人がいたんですよね。

JK:長年のファンが、いろんな人がいたけどね。

出水:スタジオにですね、宇野さんの作品、浦嶼子伝を用意しました。絵は宇野亞喜良さん 詩は桑原茂夫さん、そして佐々木聖さんというメンバーで作られた、独特な世界観で引き込まれる作品集ですよね。

宇野:デザイナーが結構気取って作ってくれたんだけど、これがね、年代なの。こちらが1964年に作った絵本の絵で、だからこれが51年前の作品で、これと同じものをもう一度描いてみようと思って描いたのがこちらで、だからこれが2015年っていうことになるわけね。

JK:何十年たっても、基本がきちっとしているから、何十年前でも。。。。私達ファッションで言うと、肩幅大きかったかな、とか、首が長すぎたかな、とかあるんです。ずーっと一貫して少女のイメージを続けているでしょ。

宇野:僕も、たとえば今の女の子を描くときは、肩幅が広くなかったり、狭かったり、広かったり、風俗は影響してきているんだけどね。これは風俗にはあまり関わらないで、抽象的な気持ちの世界っていうかね。

JK:自分が理想とする世界って、いつも持っているでしょ。昔から変わらず持っているのよね。

宇野:どうかなあ、あまり変わってないよね。

JK:変わらないって、すごい事よね。世の中どんどんかわって、ついつい影響されるけど。それが一貫しているってことは凄いことだと思う。

=オンエア楽曲=
M1. Firework / Katy Perry
M2. Barangrill / Joni Mitchell

MASACA! そのとき集まった人々は・・・

ゲスト:宇野亞喜良さん part2

出水:宇野さんは1960年代に、横尾忠則さんたちとイラストレーションスタジオを設立しまして、アニメーション映画や企業広告など、日本のグラフィック界の代表作を数多く手掛けていらっしゃいます。
当時のお仲間も非常に豪華でいらして、和田誠さん、金子国義さん、加賀まりこさん、安井かずみさん、当時ジュンコ先生と出逢っているんですよね。

JK:それで青山の外苑通りのところに、COLETTEっていうブティックを作ることになったんですよ。それをね、たかはしむつろうさんとか、金子国義とか、宇野さんとか、みんなでこのお店を創ってくれたの。このテントにね、くちびるのマーク、ロゴを宇野さんが創ってくれたの。

出水:くちびるの中に、ちょっとキッチュな文字でCOLECTTEと。

JK:アールヌーボー的なね。

宇野:アールヌーボーとサイケデリックみたいな字体のね。

JK:サイケデリックって、こんなような字だったわね。

宇野:でも、僕がもし、何の条件もなしにくちびるを描いたら、本当は怒るはずですよね、こんなにマンガチックで。

JK:でも、このマンガチックが凄い受けたわね。

宇野:でもこれジュンちゃんの発案で。

出水:覚えています?

JK:覚えてない・・・

出水:覚えてない!(笑)

宇野:自分を客観的に見る眼があるんですね。

出水:本当に豪華なメンバーと作られたお店で。

JK:そのときの周りに、宇野さんていうのがスターでいたわけ。「話の特集(※)」とかね。

宇野:話の特集っていう、なんていうのかな・・・

JK:アーティストの塊みたいな本ですよね。

宇野:アートディレクションを和田誠がやって、カメラマンの方を立木義浩、篠山紀信。作家も凄い人が周りにいた、遠藤周作さんとか、野坂昭如さんとか。

出水:当時のメンバーが持っていた気持ちとか、意識とかって・・・

JK:私が思うに、そういうジャンルが違う人達に壁がなかった。へっちゃらで。

宇野:そうですね。喋らなくても好みが似ているとか、たとえば演劇で言うと、台本が出来ていない段階でポスターを作らなくてはならない。たとえばポスターの中に裸の女性がおっぱいを絞ってカフェオレにしているとか、そういうのをやると、寺山修司さんが面白がって、マジシャンと相談して、舞台上にそういうキャラクターを入れちゃったんですよ。

JK:寺山さんなんか、即、飛びつくわね。
※「話の特集」:1965年から1995年にかけて発行された雑誌。

=オンエア楽曲=
M1. #9 Dream / John Lennon
M2. Border Song / Elton John


TBSラジオ「コシノジュンコ MASACA」は日曜日17:00 – 17:30放送中。
AM954kHz、FM90.5MHz。パソコンやスマートフォンでは”radiko”でもお聞きいただけます!是非、お聞きください。

ピックアップ