お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


辰巳琢郎さん「MASACA!あの番組は企画、演出、営業も全部自分で・・・」

コシノジュンコ MASACA

TBSラジオで日曜17時から放送中の『コシノジュンコ MASACA』
コシノジュンコが今、気になる人をお招きしお話を伺います。
2015年10月18日(日)、25日(日)は、辰巳琢郎さんをお招きしました。

MASACA!あの番組は企画、演出、営業も全部自分で・・・

ゲスト:辰巳琢郎さん part1

出水:辰巳さん、俳優としての本業を紐解いていきますと、京都大学文学部に在学中に劇団「そとばこまち」を主宰されていますよね。

辰巳:本当は高校のときから

出水:え!高校のときですか?

辰巳:高校時代に芝居を初めてですね。つかこうへいさんが大好きで・・・

JK:それの影響が

辰巳:高校時代につかさんの芝居を観て、この道に入った第一世代ですね。僕らよりちょっと上は、唐十郎さんとか、寺山修二さんの影響を受けてね・・・

出水:芸名が、つみつくろうさん。

辰巳:大学入ってからね。高校時代は本名でやっていましたよ。

JK:罪つくった。

辰巳:どういう風に読んでいただいてもいいんですが、たつみたくろうの、ちょっと「た抜き」・・・。つかこうへいさんのファンですということをね

出水:あー!

辰巳:感じるでしょ。平仮名6文字でね。

出水:そこからやはり自然と俳優への道というのは、定まっていったんですかね。

辰巳:あの、、、役者をやろうと思っていたのと違うんですよ。芝居を作りたかったの。演出やったり、プロデュースやったり、宣伝したりとかですね、海外渉外活動もやっていましたし、ですからテレビ番組も、いまあのワインの番組も自分で作って・・・

JK:でもそれはモノづくりのひとつで、全部自分でやっているから。だって普通、俳優さんでモノづくりって、なかなか縁がないじゃないですか。ワインだの何だのって・・・

辰巳:番組もね、自分でスポンサーにお願いしてお金出してもらって、代理店にお願いして、局にお願いして、全部やっているんですよ。

出水:企画発案者は辰巳さんなんですね。

辰巳:そうそう、だから半分代理店業務もして、営業みたいなことも。

出水:ある意味最強ですよね。

辰巳:いろいろそうやって、なんか自分から楽しいことをしたいなと。そういうことが好きなんでしょうね。

JK:あの番組面白いですよね。好きなことしていたら番組になっちゃったみたいなね。

辰巳:そうそう。食べながら飲みながら好きなことしゃべってね。

出水:最高ですね。

辰巳:出水さんもTBSやめてフリーになったら、是非来てください。

出水:(笑)ありがとうございます。

=オンエア楽曲=
M1. 川の流れのように / 美空ひばり
M2. 三都物語 / 谷村新司

ワイン以外にもMASACA!IGOの世界も!?

ゲスト:辰巳琢郎さん part2

出水:辰巳さんは「日本ワインを愛する会」副会長、日本ソムリエ協会名誉ソムリエとして活動、そして数々の海外ワイン騎士団から騎士号を送られていると。

辰巳:まぁ、あの、コレクションみたいなもので、大したものでは・・・くれるっちゅうものは貰っておこうかと。

出水:そして今回なんと、「今様エキストラドライ」という、辰巳さんがプロデュースした、ロゼスパークリングワイン・・・

辰巳:そうなんですよ。これ今年が4回目で、もともとは2011年の震災のときに、東北復興のお手伝いを何かしようということではじめたんですけど、岩手県というのは山ぶどうの日本一の産地なんですよ。岩手県の山ぶどうを使って何かできないだろうか、やっぱり自分がやるならワインだろうと。山ぶどうは、かなり、凄く味も強いし、凝縮感があって、すっぱいんですけど、一般の人には呑みずらいんですよ。それで山梨県の甲州種と混ぜ合わせて、辰巳:2011年のビンテージから毎年作り始めて、今年で4回目で、去年の2014年のぶどうを使ったワインが、先日仕上がりましたね。

出水:8月発売で、先生如何ですか?

JK:色が綺麗ですよ。ポーンと空けたいところだけど。シャンパンみたい

辰巳:これがですね、日本ワインコンクールっていう、こういう山ぶどうってうのは、ワインのオーソリティーって言いますか、そういう皆さんには、「こんなんでワイン作るもんちゃう!」なんて、かなり迫害されているんですよ。その山ぶどうを使ったワインが賞を獲ったことに意味があると僕は・・・

出水:日本ワインコンクール銅賞受賞

辰巳:銅賞って、どうかなって思ったけど、そういう意味では嬉しいことでね。山ぶどうを使って、あるいは山ぶどうと何かの交配品種というのはね、日本にしかない葡萄なんですよ。ある程度僕が全部基礎設計をしまして、こんな風に作ってくれと言って、何回か途中味見をして、今年はこれでいこう、こういうタイプで行こうと

JK:ブレンドを決めるという・・?

辰巳:ブレンド比率も決めるし、発酵も、、いろんなことをやりながら。で、リンゴ酸という成分が葡萄には含まれているんです、それを100%残して、フレッシュな味わいを残しましょうと。毎年コンセプトが違うんですよ。

JK:だから今様っていうの?

辰巳:そういう意味もあります。今年はこのファッション、この流行でいきましょう、という。

出水:そして、そろそろボジョレーヌーボーの話題も出てきますよね。

辰巳:そうなんですよ、今年もまた作りまして。一昨年から作って、毎年ボジョレー地方に行って、自分の「キュベタツミ」という、それが去年、リヨンカップって言いましてボジョレーヌーボー唯一のコンクールで金賞とりました。

JK:なにが金賞って、このことですか!

出水:どうして、そんなにワインに対する知識とか愛情というものが、そこまで深く。

辰巳:別にワインだけじゃないんですよ。何に対してもこだわりたいというか、やるなら中途半端にしたくない。なんかね、要領悪いんですよ、ホントは。受験勉強のときだって、点数取れる勉強だけすればいいんですけどね、それ以外にどんどん広がっていくんですよ。だからクイズ番組なんかも、いまでも覚えているんですけど、クイズ番組のために勉強しちゃいけない。だから面白いんですよね。

出水:辰巳さん、極めていらっしゃると言えば、囲碁も・・・

辰巳:極めていると振られると非常に辛い・・・。これはなかなか極められません。

JK:あ、そう。

辰巳:人類が作り出した、最高の最も奥の深いもののひとつだと僕は思っておりまして、極めるという言葉は囲碁には似つかわしくないかもしれません。哲学みたいなもんですよね。宇宙なんですよ。

JK:宇宙!

辰巳:チェスとか将棋とかね、チェスは大分前にコンピューターが人間に勝ったでしょ。将棋も最近プロとコンピューターが同じくらいになったけど、囲碁はコンピューターが追い付けないんじゃないかと言われているくらい。

JK:全然良くわからないけど、毎年ね、国際アマチュアペア碁の大会のベストドレッサー賞の審査員、毎年。今年は12月5日なの。小学生とおじいちゃまと組んだりとか

辰巳:そういうことが出来るんですよ。棋力が違っても、楽しめる、囲碁って言うのは本当に優れたゲームだと思うんですよね。
ジュンコ先生は、囲碁はなさるんですか?

JK:まったくわかってないの。

辰巳:ルールも単純なんですよ。交点に白石黒石を順番に交互に置いていくだけです。最終的には陣地が多い方が勝ちなんで。ホントに将棋やチェスやったら、駒の動きがそれぞれ違うから、覚えなくちゃいけないでしょ。囲碁は順番に置くだけ。

出水:五目並べしかやったことないです。

辰巳:僕もそうだったんです。40くらいになって、NHKの囲碁入門みたいな番組で。一回囲碁かじるといいですよ。
世界が変わります。頭を使う論理的なゲームではなくて、直感なんです。

JK:あ、そう、読みじゃなくて直感。

辰巳:もし今晩でも、ごはん食べたあとで遅い時間でも興味あったら、顔出せますよ。紹介しますよ。

JK:あ、そう・・・

出水:先生、やる気ないみたいじゃないですか。

JK:いやいや、やる気ないっていうより、凄いの、真剣だから。

辰巳:真剣だから、そういう真剣勝負もあるけど、すごく楽しく、簡単にできる。すみません、なんか囲碁の話だと。

=オンエア楽曲=
M1. Bossa Nova Hand Dance / Connie Francis
M2. 乾杯の歌 / 山本耕平/辰巳真理恵
M3. Don’t Let Me Be Misunderstood / The Animals


TBSラジオ「コシノジュンコ MASACA」は日曜日17:00 – 17:30放送中。
AM954kHz、FM90.5MHz。パソコンやスマートフォンでは”radiko”でもお聞きいただけます!是非、お聞きください。

ピックアップ