お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

『ECC presents 伊集院光とらじおと英会話と』~レッスン㊺〜

伊集院光とらじおと

伊集院光とらじおと英会話と

伊集院光さんが古典落語の英訳を通じて英語を学んで行こうというコーナーです。

ECC英会話0917

伊集院光さんが古典落語の英訳を通じて、英語を学んで行こうというコーナーですが、今年から、古典落語「厩火事(英題:ステーブル・ファイヤー)」に英語でチャレンジしています。

 

【厩火事】

髪結いのおサキは、働きもせず酒ばかり飲んでいる亭主のタケとけんかが絶えない。
今日も今日とて、仲人の家に来て愚痴を言う。
「旦那、あたし、今日という今日は離縁します!」「また始まった」
いつものように止めるかと思いきや
「今まで我慢して止めてきたけど、タケはどうしようもないやつだ。
別れろ別れろ、別れちまえ」 と仲人。
「そんな言い方ひどいじゃないか、あの人だって良いところが、、、」
「おまえが別れたいっていったんじゃねえか」
「そうじゃないんだよ、、、あたしは、あの人の本心が知りたいんだよ、あたしのことが好きなのか、ただ稼ぎがあるから一緒にいるだけなのか」
心が揺れるおサキに、仲人は愛情テストを提案する

これを少しずつ英訳していくのですが、登場人物の名前はこちら。
▼主人公・おサキ⇒「スーザン」(髪結いの姉さん女房)
おサキの亭主・タケ⇒「ジョン」(働かない若い旦那でイケメン)
おサキが相談する仲人 ⇒「ウィル叔父さん」(Uncle Will)

▼愛情テストの例として、中国の孔子の話をする、ウィル叔父さん。
孔子は弟子に厳しい一方で、愛馬である白馬を大事にしろ!と言っていたのですが、その白馬がいる、厩が火事になる・・・というのが、今日のお話です。

●ところがある日、孔子の留守中に家が火事になってしまい、馬が焼け死んでしまった。
⇒ But one day, there was a fire at Confucius’s house while he was out. And his white horse died.

●帰宅した孔子が弟子に聞きました。
⇒ He asked his followers when he came home.

●「火事があったんだって?」
⇒ There was a fire?

●「はい」
⇒ Yes.

●「お前らは、大丈夫だったか?」
⇒ Is everybody ok?

●「はい、私たちは無事ですが、馬小屋が燃えてしまい、白馬を助けることができませんでした。」と、弟子はびびりながら(躊躇しながら)言いました。
⇒ They said nervously,“Yes, we are ok. But the stable was burning, and we couldn’t save your white horse.”

●すると孔子は「そうか、おまえらが無事だったら、問題は無い」と言いました。
⇒ Then, Confucius said “If everybody is ok, all is well.”

●弟子たちはより一層孔子を尊敬しましたとさ。
⇒ From the day, his followers respected him even more.

 

 

来週も、引き続き、古典落語「厩火事(Stable fire)」を少しずつ、英訳していきます。

 

伊集院光とらじおと英会話と | TBSラジオ | 2019/2/11/月 10:41-11:00 http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20190211103908

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

2月17日(日)までお聞きいただけます。