お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

梅?モミジ?金柑?新しい趣味に「ミニ盆栽」はいかが?

ジェーン・スー 生活は踊る

今回は新しい趣味としてオススメの「盆栽」のお話。盆栽の魅力について、盆栽家で清香園の山田香織さんに伺いました。
実は、以前生活情報のコーナーで、体験教室に行ったことがきっかけで、番組にお越しくださいました!

冬は盆栽を始めるベストタイミング!

盆栽って結構ハードルが高いイメージがあると思いますが、小さいサイズの盆栽=ミニ盆栽であれば、園芸が初めてでも大丈夫。そして冬は、木が眠っている状態(休眠中)で、2日に1回の水やりでOKということで、夏場より比較的手間がかからないのです。

適度にお世話をして、適度に答えてくれるのが、盆栽!

適度にお世話が必要なのが、盆栽。ほったらかしはNG、乾燥もNGです。そして、室内で育てるのもNG!乾燥して枯れてしまいます。ただ、ベランダに置いておくことができて、ミニ盆栽であれば、場所はそこまで取りません。趣味として始めるのであれば、手軽すぎても物足りないと思いますし、難しすぎてもハードルが上がってしまいますが、ミニ盆栽は、ちょうどよく楽しめると思います。そして、盆栽も生き物です。ペットを招くのと一緒。しっかり育ててください!

育てやすさ?可愛さ?それとも?盆栽の種類にこだわるのもオススメ!

ご存知のように、盆栽にも木の種類が様々。初心者の方にオススメの木を教えていただきました。
★育てやすいのは「カエデ・もみじ」

ヤマモミジ


力強く育つので、剪定に失敗しても、すぐに育ちます!

★可愛らしさのオススメは「梅・ボケ(長寿梅)」

冬至梅


可愛さもさることながら、香りも楽しめます。

★実をつける盆栽も楽しめます。オススメは「ピラカンサ・コトネアスター・キンズ」

金豆(キンズ)


キンカンの仲間です。小さなキンカンのようなものがなっているのがわかると思います。

小さい実もかわいい!


実をつけることが待ち遠しくなりますよね。ちなみに、少し上級者になると、「柿」を育てることもできます。
こうやって、盆栽の種類にこだわって、楽しむのも、オススメです。

盆栽で、私の庭を作ろう!

盆栽は、言ってみれば、ミニサイズのお庭です。自分の理想の、こだわりを出した庭を盆栽で表現ができます。例えば、「寄せ植え」と言って盆栽の木の横に、ちょっとした植物を生やしたり。

キンズと一緒に植わっているのが、斑入りという植物。

こちらはヤマモミジと一緒に植わっている、「梅花黄蓮 」というお花。

また、鉢にこだわってみたり。インテリアと一緒でセンスがでるんです!

今日の話を聴いて、「盆栽を初めてみたい!」と思った方!生活情報でも体験してきた「彩花盆栽教室」に行ってみてはいかがでしょうか。大宮の盆栽町や表参道ヒルズ近くでも開催します。詳しくは「彩花盆栽」で検索してくださいね!

ピックアップ