お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

クリスマスプレゼントに、帰省土産に。甲府の伝統工芸品『印伝』は、いかが?

ジェーン・スー 生活は踊る

12月7日(金)の「生活情報のコーナー」では、
堀井美香アナウンサーが、大切な人への贈り物に打ってつけ!
“甲府の伝統工芸品『印伝』の魅力” をプレゼンしました。

「いんでん…?」と思われた、そこのあなた!
確かに、あまり聴き覚えのない単語ではありますが、
かねてより、多くの人に愛され、最近は、若者にも人気があるのだそう!

「印伝って、どんな形をしているの? どんな場面で使えるの?」
「一体、なにがよくて、人気なの? そもそも、本当に人気なの…?」などなど、
詳しくは、ぜひ、ラジオクラウドを聴いてみてくださいね♪

戦国時代の武将も愛用?!『印伝』とは…

『印伝』とは、鹿の革を使った、山梨県の伝統的な工芸品。
鹿の革は、人の肌に最も近い感触とされていて、
とても柔らかく、軽くて丈夫なので、
戦国時代には、武将の よろい や かぶと にも、使われていたとのこと!

『印伝』は、漆を刷り込むようにして付けられた柄 が特徴的で、
今も、熟練の職人さんが1つ1つ 手作りしているそうなんです。

そして、堀井アナも愛用者の1人。
これまで、目上の方にプレゼントしたこともあるんだって!

となると、目上の方に贈る革製品として、ちょうどいい感じなのかな?
対象年齢は、ちょっと高めなのかしら?

一体。どんな人に『印伝』は、人気なのか?
JR「東京駅」の構内にある『印伝』の専門店、
「INDENYA × JIZAING 東京駅グランスタ店」に取材に行ってきました!

店長の若王子亮さんによれば…

“伝統工芸品”というと、対象年齢が高いイメージがありますが、
そんなことはなくて、男女問わず、本当に幅広い年代の方に人気ですね。
会社員や旅行客など、駅を利用する人が多く立ち寄られますよ!

駅ナカの人通りの多い場所にお店があるので、
「“これ、なんだろう?”と足を止める、若い方も多い」とのことなんですね。

では、どんな商品が人気なのでしょうか?
早速、チェックしていきましょう!

専門店の売れ筋 『印伝』は、こいつらだ!

若い人にも人気の “Suicaのペンギン柄”


JR東日本「Suica」のペンギンがデザインされた、シリーズ。
なんとも、かわゆい!こちら、若い方にも大人気だそうですよ!
写真の「パスケース」は、税込4,428円となっています。

お土産にピッタリ!“東京駅限定の駅舎や鈴をモチーフにした柄”


年末年始の帰省の際、東京土産として優秀なのが、東京駅限定のシリーズ。
待ち合わせ場所としても知られる、構内の「銀の鈴」。
東京駅の象徴をあしらった、がま口の「アクセサリーケース(税込1,944円)」です。

ほかにも、コンパクトで持ち歩きしやすい、「角ミラー(税込2,484円)」や…

丸の内の駅舎がオシャレに組み込まれた、「印鑑ケース(税込1,998円)」なんてのもオススメ!

どれもこれも可愛くて、欲しくなっちゃう…
「アクセサリーケース」は、薬を入れるのにも便利だね!

年末恒例の人気商品!“干支”の柄


来年を意識し始める師走には、「干支」をあしらった商品も登場!
写真は、来年の干支 “イノシシ” がデザインされた、「小銭入れ」となっています。
毎年、楽しみに買いに来る人も多いとか。
なかには、お年玉を中に入れて、お孫さんにプレゼントする方もいるそう。それは嬉しい!

店頭で「あれも欲しい、これも欲しい!」状態の堀井アナ

持っているだけで、ちょっと特別な気分になれる、『印伝』。
これからの時期、クリスマスのプレゼントや、
帰省の際の東京土産など、人にあげると喜ばれるかもしれませんね!
なんとか2018年を乗り切った、自分への ごほうび としても、オススメですよ。

なお、取材に伺った、「INDEN・YA × JIZAING 東京駅グランスタ店」は、
JR「東京駅」構内の地下1階にあります。
気になった方は、ホームページをチェックしてみてください!

以上、堀井美香アナからの生活情報でした。引き続き、何卒!