お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【音声配信】特集「〜なぜ人と人は支え合うのか〜『こんな夜更けにバナナかよ』の映画化でも話題のノンフィクションライター渡辺一史さんと障害と福祉の観点から考える」2018年12月6日(木)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」22時~)

荻上チキ Session-22

荻上チキ・Session-22

TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』(平日22時~生放送)
新世代の評論家・荻上チキがお送りする発信型ニュース番組。

Main Session
時事問題や社会問題などをおよそ1時間にわたって特集します。

〜なぜ人と人は支え合うのか〜
『こんな夜更けにバナナかよ』の映画化でも話題の
ノンフィクションライター渡辺一史さんと障害と福祉の観点から考える

大泉洋さん主演の映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』が今月28日から全国公開されます。この映画の原作となったのが、今夜のゲスト渡辺一史(かずふみ)さんが2003年に出版したノンフィクション『こんな夜更けにバナナかよ』です。

『こんな夜更けにバナナかよ』は、札幌市内で在宅自立生活を送る筋ジストロフィー患者・鹿野靖明さんと、24時間体制で支える介助ボランティアとの交流や葛藤を描いた作品で、渡辺さん自身もボランティアの一員となり、「鹿野さんと、そのもとに通う主婦や学生ボランティアたちの日常を丹念に描き、高い評価を受けました。そんな渡辺さんが今月、あらためて障害や福祉の意味を問い直し、人と社会、人と人のあり方を根底から見つめ直す新刊『なぜ人と人は支え合うのか』を出版しました。

そこで今夜は、渡辺一史さんをスタジオにお迎えし、なぜ人と人は支え合うのか、障害や福祉の意味についてじっくり考えます。

【スタジオゲスト】
ノンフィクションライターの 渡辺一史 さん



★番組では月曜から金曜まで、その日のテーマについてなど、メールマガジンを配信中★
登録したい方はこちらからお願いします

===============================
「荻上チキ・Session-22」
TBSラジオで平日午後10時から生放送!
*ラジオはAM954/FM90.5
*パソコンorスマホで「radiko」でどうぞ
===============================