お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


第473回・放送後記「レジェンドがレジェンドを語る。みなもと太郎、降臨!」の巻(2016年4月30日放送)

ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル

20160430_01

20160430_0320160430_02

日本ギャグマンガの地平を切り拓いた『ホモホモ7』、そしてあらゆる歴史エンターテイメントの中でも屈指の傑作『風雲児たち』。それらの作者であり、同時に、日本漫画研究の第一人者である……

みなもと太郎先生が番組に初登場!!!

番組冒頭から登場して頂き、まずは自作『ホモホモ7』『風雲児たち』の話。

そして夜11時20分頃からは、この夜の本題「さいとう・たかを」の革命性について。

今の豊潤なる日本マンガ文化は、さいとう・たかをの出現なくしてはありえなかったのだーっ! という話に始まり、そこから話題はさらに広がり、戦前戦後の漫画史、「手塚治虫もまだきちんと理解されていない」話、そもそも歴史を語るとはどういうことか? などなど、どこまでも話はするする広がり、これはまさにトーク版『風雲児たち』だっっ!(※『風雲児たち』は幕末期を描くために関ヶ原の合戦から物語がスタート。当初数年で完結する予定が、37年経ってもまだ新撰組さえ登場してません)

情熱的で、饒舌で、そして漫画に対してどこまで真摯なみなもと先生。最高です。自作を褒められると途端にしどろもどろになるところもめっちゃ萌えます。

 

20160430_04

看板コーナー「週刊映画時評ムービーウォッチメン」で評論した映画は、入江悠監督の最新作、劇団イキウメの舞台を映画化した『太陽』

「見事なまでにザ・入江悠映画!」と語るその真意は? ぜひポッドキャストかテキスト版で確認して下さい。

「ムービーウォッチメン」ポッドキャスト

「ムービーウォッチメン」テキスト版

20160430_0520160430_07

そして来週のラインナップは9本。

『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』

『レヴェナント 蘇りし者』

『ズートピア』

『ちはやふる 下の句』

『テラフォーマーズ』

『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』

『スポットライト 世紀のスクープ』

『SHARING』

『アイアムアヒーロー』(リスナーカプセル)

これらの映画の名前が入ったカプセルを「ムービーガチャマシン」(ガチャガチャ)に入れ、ランダムに出た映画を翌週見ます。

ただし、他にどうしても見たい映画がある場合、宇多丸が自腹で1万円支払えば、もう一回ガチャを回すことができます。

20160430_08

当たった映画は『ズートピア』

こちらを今週評論いたします。みなさんもぜひ。

 

 

20160430_09

20160430_10

20160430_11

夜11時からはJ-POP DJコーナー「ディスコ954」。今夜はヒップホップ・アイドルユニット、リリカル・スクールが番組初登場。

メジャーデビューシングル「RUN and RUN」の発売記念としてスタジオライブを披露して頂きました。(冴えたMVも話題になりました)

また、カップリング曲「リリスクのうた」のプロデュース/作詞をしたアリキックさんも遊びに来てくれました。

 

 

 

20160430_12

20160430_13

夜11時20分からは再びみなもと太郎先生登場。

持ち込んだ貴重な資料をガンガン見せて下さいました。

20160430_1420160430_1520160430_1620160430_1720160430_1820160430_19

「ゴリラマガジン」、「ハイエナ野郎」のコピー、さいとうたかお名義(異色大長編と書かれている)の「どぶの流れ」、オリジナル版の「影」カラー表紙のコピー、etc…。

 

 

 

20160430_20

放送後もこんな感じでずっと話し込んでおりました。完全に波長が合った様子。もっと早くお招きしておけばよかった……。

 

20160430_21

というわけで、みなもと太郎先生。またぜひおねがいします!!!

「風雲児たち」最新刊もみんな買って読むように!

「さいとう・たかをゴリラセレクション劇画1964」、大塚英志さんとの共著「まんが学特講」あたりも副読本としてオススメです。

 

 

20160430_22

スタジオには『みちくさ日記』の道草晴子先生も見学にきてくれました。

 

 

20160430_23

ありがとうございましたー!

文/古川 耕(構成作家)
写真/小荒井 弥(音楽ディレクター)

【オマケ】リリカル・スクールのスタジオライブ+α

  20160430_33 20160430_32 20160430_31 20160430_30    20160430_34

20160430_35