お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


11月25日(日)「都会の真ん中でピラニアが釣れる!ピラニアフィッシング」(にち10おでかけリサーチ)

安住紳一郎の日曜天国

TBSラジオキャスターの楠葉絵美です。

楠葉絵美
TBSラジオキャスター。アニメ、マンガ、ゲームが大好き!

放送を聴いてから出かけても間に合う!オススメのスポットから生中継している「にち10 おでかけリサーチ」

▲ピラニアフィッシング!

11月25日(日)の放送では、「ピラニアフィッシング」をご紹介しました。場所は品川駅から歩いて3分のところにある釣り堀「品川フィッシング」です。(ホテルパシフィック東京があったところ)普段は鯉を釣る釣り堀ですが、この3連休の間だけピラニアが釣れるんです。5m×2.5mのビニールプールにはピラニアがうじゃうじゃ元気に泳いでいました。

▲アマゾン風に装飾されたプール

そもそもどうして“ピラニア釣り”をやろうと思ったのか、イベントを主催したHoliday Jack株式会社の矢野智之さんに聞きました。

▲矢野さんと。


矢野さんが去年のエイプリルフールについた嘘のせいなんです。「都内の釣り堀で10万匹のピラニア釣り大会をするよ!」とネットの記事に載せたところ、きちんと“嘘です”と書いたにもかかわらず、ピラニア釣りたい!と大興奮の人たちから問い合わせが。3ヵ月で5万件の問い合わせがあり、会社のサーバーが落ちたそうです。本当にやってよという意見が多く、1年かけて実現させたんです。

▲ピラニアは元気に泳いでいました。


今回集めたピラニアは1000匹。全部アマゾン川から運んできたんです。まずアマゾンからブラジル北部にあるマナウスに運び、リオデジャネイロ経由でアメリカへ。そこからやっと日本に運ぶのでトータル100時間はかかっています。すぐ隣のプールには鯉が泳いでいたので、やはり一緒にすると食べられちゃうのか?!と聞いてみました。食べる食べないよりも、生息する水温が全然違うので一緒にできないそうです。ピラニアの適温は26度。指を一瞬ちょんっと入れたら暖かかったです。水質もアマゾン川と同じブラックウォーターという枯葉が溶け出した水を使っています。

▲釣り竿は木


さあ釣ってみます!木の枝に釣り糸を付けた現地アマゾンスタイルで挑戦です。エサはマスです。ピラニアのためにわざわざスタッフで釣ってきた新鮮な魚を使っています。

▲なんか美味しそう。


他にもマグロや小さなエビが用意されています。何をエサにしたらいいのか、事前に実験したそうですが、ピラニアは意外とグルメでしばらく同じエサを食べたらすぐに飽きて食べなくなるらしいです。高い牛肉でも実験したそうですが、飽きてしまったそうです。

▲釣れなくても記念撮影できます。


結果、釣れず、、、釣り糸をひくのが早すぎるようで、ただエサを与えただけでした。でも大丈夫。そんな人でも模型を持って写真が撮れます。

▲たくさん並んでいました。


イベントは11時に始まったのですが、その前から行列が出来ていました。

▲皆さんもピラニア釣りに挑戦中


一度に10人くらいの人が釣りをします。ピラニアは釣り初心者にとても良い魚らしく、最初は人影やエサを警戒して逃げるんですが、1匹がエサに興味を持つとバーッと集まってきてすぐに食いつきます。どんな人でも1分以内には釣れると矢野さんも話していました。

▲スタッフが駆けつけてくれます。


女性の釣り竿にかかりました!が、釣りあげられて暴れるピラニアにちょっと逃げ腰。するとすぐにスタッフの方が駆けつけて、釣り針を口から外してくれました。スタッフは全員、手には牛皮で出来た頑丈なグローブをしているので安全です。(ナイフでも切れないほどの業務用グローブです。)

▲ピラニアの顔こんな顔


プールの上から見ていると、全長15cmほどのピラニアたちはとても可愛らしくて、これが本当にあの噂の獰猛なピラニアか?!と疑うほどでしたが、ドアップで見ると歯が、、、やはり肉食でした。プール内に少しでも弱っているピラニアがいると翌朝には骨になっているそうです。共食い、、、やっぱりアマゾンで生きるピラニアだと実感しました。

▲頑丈な手袋


ピラニア釣り以外に、もう1つ体験できるのがピラニアすくいです。金魚すくいのようにポイでピラニアをすくいます。その時に、お客さんは牛皮の手袋をして挑みます。

▲釣りより難しそうでした。


ポイは2枚渡されて、別々に使うも良し。2枚重ねて使うのがオススメということでした。ほとんどの人が2枚重ねで挑戦していました。お子さんも出来ます。

▲がんばれ~!

ピラニア釣りとピラニアすくいが出来てチケットは4000円です。ちょっとお高いと感じた方もいるかもしれませんが、ピラニアを1匹運んでくるのに4000円かかっているんです。完全に赤字。矢野さんは「自分がついた嘘の罪滅ぼしでやってます。」と話していました。イベントが終わったらピラニアは欲しいというところにかなり安く譲るそうです。日本でピラニアを買おうとすると1匹2万円くらいするというから驚きです。

▲うらみますって言ってそう。


他にピラニアの唐揚げも食べられます。こちらは食用で仕入れたもので、原価の1匹2000円で提供されていました。それにしてもこの揚げられた顔。感情が伝わってくるようです。どれもなかなか体験できないことだったので面白かったです。ピラニア釣りは今後もやるかはまだ未定ですが、矢野さんはこれからも非日常を味わえるイベントをやっていきます!と話していたのでお楽しみに。