お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 音声あり

1.5℃の気温上昇がもたらす世界

大林組 presents 宇宙飛行士・山崎直子の夢の架け橋


今週と来週は、環境アクティビストの「清水イアン」さんをお迎えします。

清水イアンさん
1992年生まれ。
大学在学時より環境問題に本格的な関心を持ち始め、環境問題に関わる活動に携わるようになる。2015年には国際環境NGO「350.org Japan」の立ち上げに貢献。
現在は「環境に取り組むクリエイティブチーム」 NEWW(にゅうう)のプランナーを
つとめる。

子供の頃から海が好きで、沖縄のダイビングショップにホームステイしていたのが、
環境問題に興味を持つきっかけに。
その後、大学時代に「学問」として「管渠問題」を学び始め、その深刻さに気づいたそうです。

先日発表されたIPCC(気候変動に関する政府間パネル)では、
1.5度地球が温暖化すると、サンゴ礁の70%〜90%死滅してしまうそうです。
しかも、その1.5度の上昇は、12年〜34年後に起きるといわれています。
「世代間公平」、つまり自分たちの子孫にもこの美しい地球を残していくために
今の世代で、地球温暖化に歯止めをかけなくてはなりません。

そんな清水さんが選んでくださった
清水さんの心によりそってくれた1曲は
ナイジェリア出身のミュージシャン、フェラ・クティで「Water No Get Enemy」。

衝撃を受けたこの曲の一節「自分の子供を水のせいで失っても、君は水を使うよね。」
これは「環境」にも言えるのでは、と清水さんはおっしゃいます。
ぜひ皆さんも聞いてみてください。

清水イアンさんについて詳しくはこちらから
http://neutmagazine.com/Interview-Ian-Shimizu-Pughe

お聴き逃しになった方はこちらか

ラジコでもお聞きいただけます。(放送より1週間)http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20181111260000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)