お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

ぽっちゃりが長生き!?「AI時代の老い」に好奇心!

AI時代のラジオ 好奇心プラス

今週は「AI時代の老い」に好奇心!

国際医療福祉大学・心理学科教授「和田秀樹」さん。
そして、高齢期の住まいと暮らしを提案されている「長谷工シニアホールディングス」の「森村泰之」さんにお越しいただきました。

■ 和田秀樹さん

フロッグマン「昔と比べて”平均年齢”が上がってきているので、
 ”年上のひと”の年齢が上がって「お年寄り層」が上がって来た!
 40代からちょっとずつ老化が起こっていくんだとか」

伊東楓「ちゃんと栄養を取っていないと老け込む!
 年取ってきたらダイエットはすべきじゃない!
 日本人が肥満だと考えているBMI25~30の人が一番長生きだそうです。
      ちょいぽちゃが良い!

フロッグマン「前頭葉を刺激するために、”いつもと同じ”事をやめる。
 同じお店で食べたり、同じ作家の本をばかり読んだり、
 習慣で生きず、新しいモノに触れて前頭葉を活性化!

伊東楓「ITは、やり方を身につけなくてはいけない。お年よりには不利。
 AIは、頼めばやってくれる。
 老いを受け入れて、AIに頼るところは頼る。それがAI時代ですね!

フロッグマン「著書『年代別 医学的に正しい生き方 人生の未来予測図』(講談社現代新書)
 ぜひチェックしてみて下さい。」

■ 『長谷工シニアホールディングス』の森村泰之さん

フロッグマン「長谷工グループの中で高齢者事業を統括している
 『長谷工シニアホールディングス』。
 マンションの入居者の方に高齢の方が増えてきた事からスタート。
      コミュニケーションロボットを52台導入しているんですって!」

伊東楓「ヒューマノイドロボットPALRO(パルロ)>に来て貰いました!
 よくおしゃべりをするので、認知症の方の見守りや
 コミュニケーションをしているんです!」

フロッグマン「利用者の方からは、相性の合う合わないはあるものの、
 人の名前を呼んでくれたり、予定を覚えてくれたり、
 前の会話を覚えててくれてたりもするそう!」

ラジコでもお聞きいただけます。http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20181116210000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)