お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


11月11日(日)日本の建築模型はアートだ!「建築倉庫ミュージアム」(にち10おでかけリサーチ)

安住紳一郎の日曜天国

TBSラジオキャスターの柳沢 怜です。

柳沢 怜

TBSラジオキャスター。車、音楽、お酒、野球観戦が大好き!動物にくわしい。

放送を聴いてから出かけても間に合う!
オススメのスポットから生中継している「にち10 おでかけリサーチ」

▲ミュージアム入り口


芸術の秋。ひとあじ違ったミュージアムはいかがですか?今日は天王洲アイルにある建築倉庫ミュージアムに行ってきました。

ここは建築模型に特化した展示施設。モデルルームなどによく飾ってある、実物の1/50~1/200ほどの縮尺の建物の模型・建築模型です。建物の完成時のイメージをわかりやすく伝えるために設計事務所などが製作します。

▲私のお気に入り作品。前田茂樹作サイクロンシェルター兼母子健康センター(バングラデシュ)


ミュージアムを運営しているのは、美術品・ワイン・映像メディアなどの保存保管のプロ・寺田倉庫なので、倉庫で保管してある約600点の建築模型の中から、3ヶ月ペースで変わるテーマに合わせて選んだ50点ほどの模型を2つの展示室で公開しています。

▲見覚えのある建物はありますか?


展示室Bでは現在「Nomadic Rhapsody “超移動社会”がもたらす新たな変容」という企画展を開催中。52点の建築模型が並んでいました。

模型の種類は、設計者、作成者、規模、有名無名、国内外…とにかくバラエティに富んでいます。

▲神保町シアタービル。顔を近づけてみると会議中!


一例をあげると2011年完成の東京国際空港旅客ターミナル、在ブラジル日本大使館、佐世保の納骨堂、栃木の道の駅などなど。

▲上は「道の駅ましこ」、下は「函館 蔦屋書店」


建築倉庫ミュージアム・企画担当の王 聖美さんに案内していただきました。

▲迫慶一郎作「北京パンプス」の模型前で王さんと。


まず伺ったのは、日本で唯一の建築模型の展示施設が作られた理由。日本の建築は世界でもトップレベルですが、日本の建築模型も海外ではアート作品として評価が高いそうなんです。ところが、建物の完成後は不要となり場所もとるので棄てられることが多かったのだとか。そこで大切に保管し、多くの人に見てもらいたいと、2年前にミュージアムを作ったそうです。

▲こちらは現在ルーヴル美術館に建っているそう


来場者で多いのは、海外からの旅行者と建築を勉強している学生。今日もストックホルムから来たという皆さんにお会いしました。

▲スウェーデンからの来館者


私でも知っている有名建築家の模型もありました。新国立競技場を手掛けた、あの隈研吾さんです。アクリル板で作った立体地図の斜面に建てられた「中国美術学院民芸博物館」。実際に中国・杭州のキャンパスに2015年に完成しているそうです。

▲隈研吾作「中国美術学院民芸博物館」


展示を見ていて、建築模型には竣工模型、全体模型、構造模型、スタディ模型、プレゼン模型などいくつかの種類があることがわかりましたが、時々出てくるのが【Unbuild】という表記のある模型。王さんに訊いてみました。

▲SFっぽいものもあれば、原始的なものも。


「これはアンビルトと言って、コンペに負けるなどして実際には建っていない建物のことです」と答えを聞き、せつない気持ちになりましたが、王さんはアンビルトのことを「夢の塊」と表現していて納得!本当に自由な発想で夢のあるワクワクする模型ばかりです。

▲スペインを拠点に活躍する若手建築家・山口琢磨作YUTO-RI(ユートピア+里)


最近では建築模型も、3Dプリンタを使ってプラスチックで作られることも多くなっているようですが、紙と木を上手く使う日本の建築模型は細かい表現が素晴らしいです。また、石膏、OHPシート、ステンレスなど変わった素材の建築模型もあるので、比べてみると面白いですよ。

▲北大が作った復元模型。マックス・ヒンデル3部作


今やっている企画展「Nomadic Rhapsody “超移動社会”がもたらす新たな変容」は来年1月14日まで。展示室Aでは「新素材研究所」を開催中です。

▲現実世界のように撮れましたが模型です。


また11月22・23・24日は出展建築家、本人による作品解説が聞ける関連イベント・ギャラリートークも行われます。詳しくは建築倉庫ミュージアムのサイトをご確認ください。

▲ミュージアムショップで売っていた、模型用の人々。


そして、耳より情報をひとつ。企画展を見た方は先着順・人数限定ですが、隣接する保管倉庫の見学ができます。建築模型がどのように保管されているのか、こちらも面白いですよ!ぜひお早目に。