お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「宇宙エレベータ」が宇宙を身近にする

大林組 presents 宇宙飛行士・山崎直子の夢の架け橋

今週は大林組で宇宙エレベータを開発されている石川洋二さんをお迎えしました。
【大林組の宇宙エレベーター】

https://www.obayashi.co.jp/recruit/shinsotsu/challenge/spaceelevator.html
石川洋二さん・・・
1955年、静岡県生まれ。
東京大学宇宙航空研究所、レンスラー工科大学、NASAエイムズ研究センターを経て、
株式会社大林組に入社。
月惑星居住計画、地球環境工学などに携り、現在は「宇宙エレベーター建設計画プロジェクト」のリーダーを務めている。

「宇宙エレベータ」っていったい何!?
垂直で上に登っていくモノレールのようなもの。
片方を地球につなぎとめた、長いケーブルを宇宙に伸ばしていくと、
遠心力で「ピンッ」と張るそうです。
その上を「クライマー」と呼ばれる乗り物が、時速200キロ程度で移動するので
大気圏突入時も燃え尽きることはないそうです。
このスピードなら、燃え尽きることもなく、輸送経費も圧縮でき、
ロケットで宇宙へ行くよりも、安く宇宙へ行くことができるそうです。

「人体への影響は?」
電車にのっているような感覚だからほとんど影響はないそうです。
とっても快適に、そして大変な訓練もなく宇宙へいけるようになるそうです。

「壮大な夢へ取り組まれている石川さんですが、「夢」を叶えるために必要なことは何だと思います」
一言でいうならば「意思(Willpower)」
人が何をいっても自分を信じて、人と同じことをするのではなく、
自分のだけの夢を追いかけていく勇気も必要!

来週も石川さんにお越しいただきます。
お楽しみに!

お聴き逃しになった方はこちらか

ラジコでもお聞きいただけます。(放送より1週間)http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20181111190000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)