お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


10月14日(日)元力士が横綱を競う!「ちゃんこ-1グランプリ」(にち10おでかけリサーチ)

安住紳一郎の日曜天国

TBSラジオキャスターの久保絵理紗です。

久保絵理紗
TBSラジオキャスター。
食べるも嗅ぐもクサいモノが好き。どこでも踊ります。

放送を聴いてから出かけても間に合う!
オススメのスポットから生中継している「にち10 おでかけリサーチ」


きょうは『第3回 ちゃんこ-1グランプリ』を紹介しました。場所は、新宿・歌舞伎町のど真ん中、「シネシティ広場」。その名の通り、7つの独創的な「ちゃんこ鍋」から来場者の投票でNO.1の“横綱ちゃんこ鍋”を決める大会。一杯600円で各相撲部屋仕込みのちゃんこ鍋を楽しめます。昨日はおよそ2万人もの人が訪れて大変な賑わいをみせていました。

▲開場後、続々と賑わい始める「ちゃんこ-1グランプリ」会場


午前11時からスタートということで、中継の時間は開場前でしたが、会場の周りで待っている方が何人もいました!詳しいお話を、主催者の一般社団法人日本ちゃんこ協会会長の水野 貴司(たかじ)さんにお話を伺いました。

▲一般社団法人日本ちゃんこ協会会長 水野貴司さんと

水野会長は、相撲好きが高じて全国のちゃんこ屋さんを300軒以上回っているというツワモノ!ちゃんこ-1グランプリに出場する鍋はどのような基準で選ばれているかというと、ずばりシンプルに「元力士のお店である」こと!一般的には、塩、しょうゆ、みそなどをベースにした鶏がらスープが多いですが、“力士が作ればなんでも「ちゃんこ」”ということから、会場に集まるちゃんこ鍋は、味付けから具まで個性派揃いだそう。

放送中にもいくつかご紹介いただきました!まずは、岩手県・盛岡、元大山部屋「鷲登」さんの「ちゃんこ太五郎」から、『赤味噌仕立ての岩手まるごとちゃんこ』。雫石産の南部柏、宮古産のワカメ、大船渡産の牡蠣と、地元の食材でじっくりとダシを取り、鍋に入っている郷土料理「ひっつみ」も盛岡の小麦粉で作られているという岩手一色のちゃんこ鍋。初回の一昨年に優勝、去年は準優勝していて、今年も横綱候補の筆頭です。これまでは、白味噌ベースの鍋でしたが、今回初めて大山部屋直伝の赤味噌の鍋でリベンジ!

▲岩手県・盛岡「ちゃん太五郎」の元大山部屋 鷲登さん


岩手県・盛岡「ちゃん太五郎」の『赤味噌仕立ての岩手まるごとちゃんこ』

続いては、千葉県・市川行徳、元朝日山部屋「鷹丸」さんの「粋な相撲料 ちゃんこ鷹丸」から『コラーゲンたっぷり 極旨ちゃんこ』。なんとダシは、フグからとっているという贅沢な一品。鹿島湾で店のご主人鷹丸さんが自分で釣ってきたトラフグ30匹分の皮で煮込んでいて、冷えるとゼリー状の煮凝りが出来るほどコラーゲンたっぷり!澄んだスープから顔を出すたくさんの具材は、エビ、アサリ、豚肉、えのき、白菜、ニラ、ニンジン、油揚げなど、実に25品目!フグだけでなく肉や野菜からもたっぷりダシが出ていてニンニクの効いたスープは絶品です。

▲千葉県・市川行徳の「粋な相撲料理 ちゃんこ鷹丸」の元朝日山部屋 鷹丸さん


▲千葉県・市川行徳「粋な相撲料 ちゃんこ鷹丸」の『コラーゲンたっぷり 極旨ちゃんこ』

3つ目にご紹介したのは、東京・中野にある二子山部屋元小結「三杉里」関の「ナカノバ食堂」から『ちゃんこ焼きそば』。普段は整体院を営まれる三杉里さんが毎週水曜だけ限定でナカノバ食堂とコラボするという貴重なちゃんこ鍋!今回のメニューはその名の通り、ちゃんこ鍋に豪快にソース焼きそばがそのまま入っているという斬新な一品!30年以上かけて全国で食べ歩いている水野会長も「シメで麺やご飯をいれることはあっても、鍋そのものがソース味のちゃんこ鍋というのは見たことがない」と目を丸くされていました。焼きそばのほか、入っている具はキャベツともやし、そして大きな鶏肉のみ!非常にシンプルかつ大胆なお鍋。しかし、これが口に運ぶと意外や意外!澄んだ秘伝のダシとソースがよく合うんです!

▲東京・中野の「ナカノバ食堂」の二子山部屋 元小結の三杉里関


▲東京・中野「ナカノバ食堂」の『ちゃんこ焼きそば』

中継でご紹介しきれなかった4メニューも魅力的なもの揃い!東京・中野富士見町「北乃里」では、元貴乃花部屋の貴翔馬さん(写真右上)が店頭に立たれ『ゴマ味噌美人豆乳ちゃんこ』を販売。自家製のつみれが絶品でした!東京・三鷹「雷炎ちゃんこプロジェクト」からは『赤鶏だしの海鮮味噌ちゃんこ』。相撲芸人でもある元伊勢ケ浜部屋の安大ノ浪さん(写真右下)が会場を盛り上げられていましたよ。池袋にある「蔵之介」からは『炭焼きあごだし!王道しょうゆちゃんこ』。元二所ノ関部屋の幕下 倉知関が営んでいたお店です。横浜の「うる虎×龍馬」は初のコラボ出店!元片男波部屋の玉龍馬さん筆頭に『8時間煮込んだ鶏スープ 牛もつ塩白湯ちゃんこ』を打ち出しました!

▲(右上から時計回り)中野富士見町「北乃里」、三鷹「雷炎ちゃんこプロジェクト」、池袋「蔵之介」、横浜「うる虎×龍馬」

そして、18時に来場者投票の結果が出ました!
「ちゃんこ-1グランプリ2018」優勝、オレンジ大‟横綱ちゃんこ”に輝いたのは、千葉県・市川行徳「ちゃんこ鷹丸」さんでした!フグ30匹分の絶品ダシが来場者の心を鷲掴みにし、寄り切りで勝ち越し。準優勝は、池袋「蔵之介」さん。全店舗、甲乙つけ難い接戦でした。美味しさはもちろんですが何よりも、元力士さんに直接会えるという貴重な体験に夢見心地な一日でした。