お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

横須賀・総武快速線にE235系導入へ

乗りものニュース1155
乗りものニュース1155

山手線E235系(上)と横須賀・総武快速線E217系(品川駅にて)

複々線効果

小田急電鉄は、複々線化により朝の通勤時間帯で混雑緩和や所要時間の短縮が実現、利用者数が伸びていることを明らかにしました。

「代々木上原~登戸間が、今年3月に全て複々線になった効果です」(恵編集長)

渋谷に新たなスポット

東急電鉄が渋谷駅の南側に建設している、高層ビル「SHIBUYA STREAM」と複合施設「SHIBUYA BRIDGE」が完成しました。

「東急東横線の渋谷駅が地上にあった時代、その線路跡に誕生しました」(恵編集長)

新型車両導入へ

山手線の新型車両E235系電車が、横須賀・総武快速線にも導入されます。

「このE235系は、山手線を2015年から走っている車両です」(恵編集長)

山手線でデビューしたE235系が他路線にも導入されます。横須賀・総武快速線用ということで2階建てグリーン車も連結されますが、JR東日本の普通列車グリーン車では初めて公衆無線LANや電源コンセントが設置されます。


3つの「乗りものトピックス」は9月30日の放送で取り上げています。そしてラジオクラウドではこの番組のスピンオフを不定期で配信しています。→ラジオクラウドアプリ(Android・iPhone)※パソコンはブラウザ聴取可能


「乗りものニュース1155」2018年9月30日放送http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20180930115500

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

▼3つのトピックスの詳細記事
小田急複々線化で通勤定期客が1.4%増加 混雑率と遅延は減少
渋谷駅の南側に東急「渋谷ストリーム」など完成 旧東横線の「記憶」受け継ぐ
山手線の新型E235系電車を横須賀・総武快速線にも投入 グリーン車に無線LAN、コンセント
(外部サイト「乗りものニュース」に接続します)

ピックアップ