お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


「来月も北朝鮮に呼ばれている」金総書記の元料理人・藤本健二氏が語る

荒川強啓 デイ・キャッチ!

TBSラジオ「荒川強啓 デイ・キャッチ!」(月~金15:30-17:46)。
「気になるニュースが話せるニュースになる!」をコンセプトに、様々なニュースをお届けしています。

header_bg7

TBSラジオ「荒川強啓デイ・キャッチ!」に26日、北朝鮮の故・金正日総書記の元専属料理人、藤本健二さんが出演しました。藤本さんは今月中旬から北朝鮮を訪問し、25日に帰国。金正恩第一書記と直接面会したということ。

インタビューアーは、以前、大川興業のライブ「すっとこどっこい」で藤本さんと共演した裁判傍聴芸人・阿曽山大噴火さん。ちなみに、ライブで藤本さんは、ハンカチをサックスに見立てたエアーサックスを披露したそう・・・。

今回うかがった内容は、以下。

北朝鮮に行った目的は?

目的を持っているのは正恩氏の方でしょう。

どういうことをやっていた?

初日に正恩氏とお会いしまして、一緒に会食しまして。帰るときにはすばらしいお言葉をいただきました。「いいか、藤本と私の仲だから、困ったことがあったら、私に何でもいってこいよ」と。

故・金正日総書記の生誕記念祭では何を?

劇場行きましてね。歌とか踊りを見てきた。仕事に行ったんじゃありません。客として。

イベント以外の日は何を?

新しく作った未来通りとか、あぁいうところを全部見学しましたからね。キムチャンソン氏とずっと一緒ですからね、私の家族と。4人で行動していました。

日本に対する意識は読み取れた?

今、共和国(北朝鮮)とアメリカはギクシャクしてますでしょ。正恩氏は言いましたよ。「今こういう仲だけども、わが国は戦争するつもりは一切ない。ただ、わが国の外交の人間がアタックすると、アメリカ側が無理難題を押し付けてくる」と。それにイラついてミサイルを上げたりして、スッキリさせるんだと。だからね、アメリカに近づきたいんですよ、共和国は。アメリカがちょっと声をかけてくれれば、丸くおさまるんですよ。

この時期に藤本さんが呼ばれているのは意図があるのか?

日本との仲を修復したいんだよ。だから私に特使として動いてもらいたいんだよ。私は動かないといけないね。来月も行きますよ。呼ばれましたからね

来月は何があるの?党大会?

何か起こりそうだね(笑)何があるかは知らないけど「1ヶ月以内に帰ってこいよ」とは言ってましたけどね。

金正恩氏からは他にどんなお話が?

私のことを、「政治家になったみたいだな」と言うわけですよ。そういう目で見ていると。私は何かを持ってくるだろうと。それを手ぐすね引いて待ってるんですよ。

何を期待されてる?

安倍総理と会いたいんじゃないかと思う。私は正恩氏の心の中を見通しましたからね。