お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

ダイエットする為に意識したほうが良いこと

生島ヒロシのおはよう定食|一直線

“聴くスポーツ新聞”「生島ヒロシのおはよう一直線」

(毎週月~金 朝5時30分〜6時30分)

ニュース、スポーツ、そして健康、シニアライフ、介護などをキーワードに、

生島ヒロシがわかりやすく、元気に様々な情報をお伝えしています!


毎週月曜日の6時10分頃からは、「サントリーウエルネス 健康相談塾」

リスナーのみなさまから健康と“食”に関するお悩みを募集し、

専門家の方にアドバイスを頂きながら、気になる健康情報をお届けしています。

 

番組では、健康に関するお悩みを募集しています。

ハガキ:〒107−8066 生島ヒロシのおはよう一直線「健康相談塾」係。

メール:ohayou@tbs.co.jp 是非、ご相談内容に、

コーナーの感想も是非添えてお送りください。

お便りが採用された方にはサントリーから素敵なプレゼントをお送りします。



千葉県・柏市 歳・45歳・男性 ラジオネーム:「むちむちマン」さん

仕事で飲みに行くことが多く、なかなか思うように痩せられません。お腹周りにボヨンと肉がついてみっともない。でも、食べること、飲むことが大好きで、運動は嫌い。「このままじゃダメだ。病気になる。」と、分かっちゃいるけど…。ってやつです。

服部栄養専門学校講師の鈴木あきら先生に「ダイエット」についてのアドバイスをいただきました。

<鈴木先生のお話>

不健康な生活を続けると、内臓と内臓の間に脂肪がどんどん蓄積されます。(脇腹をつかむとブニブニっとする、アレです。)内臓脂肪が怖いのは、高血圧や脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病を招きます。放っておくと血管はどんどん固くもろくなり、破れたり、詰まったりして、心臓病や脳卒中を引き起こします。そして、脂肪細胞から悪玉物質が分泌され、血圧を上げたり、血糖値を上げたりします。さらに、体に良い働きをする善玉物質が減り、動きが鈍くなっていくのです。

実は、日本人の死因で多いのは、がん、心臓病、脳卒中。心疾患、脳血管疾患は、動脈硬化疾患によって
血管が固くなることで引きこされます。肥満・高血圧・脂質異常(高脂血症)・糖尿病を持つ人が、内臓脂肪をそのまま放置しておくと、確実に動脈硬化が進みます。それぞれの程度が軽くても、重なれば、急激に動脈硬化が進み、心臓病や脳卒中の発症リスクが高まっていきます。様々な病気を防ぐためにも、生活習慣の改善で
内臓脂肪を減らすことが大切になります。

生活習慣を変えることは難しいと思いますが、以下の事を気を付けてみてください。

・「雑穀米」「雑穀パン」を食べる
 ※食物繊維→コレステロールを下げる効果・血糖値を安定させる働き

・「野菜」「果物」を食べる
 ※水溶性食物繊維→コレステロール改善の働き
  (豆、りんご、柑橘、にんじん、こんぶ、わかめ、いも …など)
 ※血圧改善効果のあるカリウムもたっぷり!

・「サケ」「サバ」「いわし」などを食べる
 ※青魚に含まれる脂質(EPA・DHA)が悪玉コレステロールを低下させる。
  インスリン反応の改善作用による血糖値を下げる働きも。

・「オリーブオイル」など植物油を使う
 ※悪玉コレステロール低下・血液サラサラ効果に繋がる。

・朝ごはんを必ず食べる
 ※ドカ食いを避け、肥満に効果がある。
  朝、食欲がない、お腹が空かないのは、夕(夜)食を食べ過ぎている可能性がある。
  食事を抜かず、3食規則正しく食べることは、血糖値を一定(正常)に保つ。

・「アーモンド」「くるみ」「カシューナッツ」を摂る
 ※ナッツ類に含まれる脂質、ビタミンE→コレステロール改善効果がある。
 ※ナッツ類はエネルギーが高いので、軽くひとつまみぐらいの量に抑える事。

・「水」「お茶」をたっぷり飲む
 ※緑茶はコレステロール改善の働き。エネルギー量ゼロ。

・料理にニンニクを使う
 ※炎症や高血圧を改善
 ※1日1かけ目安
 ※ビタミンB1を活性化。効率よくエネルギー発生、体力増強。

・階段を使う。
 ※1日10分歩く。などから始めてみては?

・タバコはNG。
 ※喫煙は高血圧を引き起こし、善玉コレステロールを低下させる。
  心臓病の原因。すべての生活習慣病の引き金となる。