お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【8月27日(月)】商店街散策を楽しむには、 本屋さんがあるかどうかをチェック!

ジェーン・スー 生活は踊る

みなさんは、好きな“商店街”はありますか?一番身近な“商店街”ってどこですか?

散策家の志歌寿ケイトさんをゲストに迎えて、商店街の活気をチェックするポイントおすすめの商店街を教えていただきました。

志歌寿さんは、ジャンル別に街のいろいろな物を観察・記録・蓄積していくことで散策のおもしろさを引き出していく散策家として活動中。散策のひとつとして商店街を巡っており、東京23区にある約2,000の商店街を制覇しています。

商店街に入ったら4つのお店で活気をチェック

まずは「生鮮3店」をチェック

商店街にも色々ありますが、やはり活気がある商店街と、「ちょっと元気がないな」という商店街があるかと思います。それを見分ける方法が、まずは「生鮮3店」、つまり八百屋、肉屋、魚屋」が営業しているかをチェックすることです。この3つが残っていれば、ひとまず商店街として使われていると考えられます。

本屋は営業しているか?

もう一つが、商店街に入った時にチェックしたいお店が「本屋」
文化系のお店は、生活にどうしても必要とまでは言えませんが、それでも残っているというのは、地元で日常的に使っている人がいるという証に。まずは八百屋・肉屋・魚屋、そして本屋の4つの店が営業しているかをチェックしてみましょう!

志歌寿さん流・商店街の楽しみ方

志歌寿さん流の商店街の楽しみ方は、商店街で日用品や書籍などを少なくとも一点買うことです。何か一つ買っておくと、買ったものが生活に取り込まれていき、その後の生活が彩られていくから、とおっしゃる志歌寿さん。個人的なお土産を買っておくと、「あの時に行った商店街のものか」と思いを馳せることができます。また、地図を買ったり、古書やレトロゲームなどを買ってみたりしても、思い出が蓄積されていくような気がしておすすめとのこと!

おすすめの商店街を紹介!超穴場な都電荒川線沿線

そんな志歌寿さんおすすめの商店街は・・・都電荒川線沿いの商店街。早稲田駅から三ノ輪橋駅までを結んでいる都電荒川線沿いには、買い物にも便利で、懐かしさのある商店街がいくつもあるのです。しかし、あまり観光地化されておらず、それほど混雑していないのが嬉しいポイントです!

①東池袋4丁目「日の出優良商店会」+「共盛会」

東池袋4丁目の商店街は、池袋サンシャインのすぐ裏なのにレトロな雰囲気を感じられる商店街。近年、都電沿いの道路計画により徐々に店舗数が減少しているので、近い将来には見ることができなくなってしまうかも知れません。文京区と豊島区の区境に位置し、ふたつの商店会が交錯した商店街は、地形的に谷底で川跡の路地もあり、ぶらりと散策するのに向いています。

②熊野前「はっぴいもーる 熊野前商店街」+「おぐぎんざ商店街」

次に紹介するのは、荒川区・熊野前駅にあるレトロな商店街です。どちらも活気もある商店街で、特に食べ歩きに向いています。「はっぴぃもーる」の全長は約480メートル、約80店舗のお店があり、「使い勝手の良い商店街」として人気です。また、道幅が広くて歩きやすいのも嬉しいですね。そして「おぐぎんざ」は、「はっぴぃもーる」の南に接続する商店街。駅前ではないにも関わらず個人商店や小型スーパーがあり、パチンコ店まである活気溢れる万能な商店街。

③三ノ輪橋「ジョイフル三ノ輪商店街」

最後は都電荒川線の終着駅「三ノ輪橋」にある商店街です。東京でも数を減らしている、アーケードつき商店街。屋根がついているので、雨の日や日差しが強い日も、ゆったり歩くことができます。この商店街は、生活用品から食べ歩きまで全てのものが揃っている、生活者向けの商店街です。食品関係が特におすすめで、デパ地下並みの品揃えです!

近年は「シャッター商店街」と呼ばれる商店街が増えていますが、活気と魅力のある商店街はまだまだあるようです!都電荒川線沿線には、今日紹介した3つの商店街だけでなく、生活にも散策にも向いている穴場商店街がたくさんありますので、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

ピックアップ