お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

<散骨>が出来る場所は限られている!

AI時代のラジオ 好奇心プラス

【お詫び】
メールサーバに不具合が起きた為、
放送中にメールご紹介出来ず、失礼致しました。
ラジオクラウドにて一部ご紹介させて頂いております。
このページの一番下にリンクがありますので、是非お聴き下さい。

今週は「AI時代のお墓問題」に好奇心!

フロッグマン「先日、妻の実家のお墓参りに行ってきましたよ。
 傾斜がきつい山の中にあって、行くのも大変!
 お年寄りにはきついですよ。
      だから、若い世代が行かないといけないなあと思ったんですけど…。
      最近は生涯独身率が高いですから。
      生涯独身率、男性だと1995年は約9%、2015年は約23.4%!
      今後さらに増えると思います。
      そうすると、自分が亡くなった後のお墓はどうすのか?と
      真剣に考えなければならなくなってきました」

伊東楓「私一人っ子で、今は東京にいますけど、家族はみんな富山なので。
 今後、一番考えなくてはいけない問題ですよねぇ。」

フロッグマン「お墓をどうするって話、家族としている?」

伊東楓「両親は、私に責任を押し付けてはいないと思っているみたい
 なんですけど、私はずっと考えています。」

お盆の帰省で、改めて考えたという方も多いのでは?
「多くの人の悩みのタネ”お墓問題”について」
探っていきたいと思います!

8月24日 今週のAIフレンズ

ジャーナリストで浄土宗の僧侶・京都「正覺寺」副住職『鵜飼秀徳』さん
良心石材」代表『香取良幸』さん

ジャーナリストで浄土宗の僧侶『鵜飼秀徳』さんのお話

「ジャーナリストで僧侶ってどういうことなんです?」

1月まで新聞社系の出版社に勤めてました。
この4月から実家の「正覺寺」で僧侶をしています。
僧侶は資格が必要なので、大学時代にその資格は取ってあたのですが、
その後、一般企業で働いてから、僧侶としても活動しています。
最近は、お寺だけでは食べていくことができないので、
5割くらいの僧侶が兼業をしているんですよ。

「墓じまいって最近よく聞きますけど、これはどういうことですか?」

墓じまい、専門用語では「改葬」と言います。
・お墓を完全になくして、お墓の中の遺骨を自宅に持って帰る
・今住んでいる家の近くに、お墓を移転する
この2種類です。
最近増えているのは、移転ですね。
お墓の管理費用の負担を考えて、
東京の永代供養のお墓に移すという方も増えています。
(※そうすると、ある一定の期間を過ぎたら合祀される)

「では都心のお墓は増えているんですか?」

都心では、ビル型の納骨堂が増えています。
最近は20棟くらいあると言われています。
一棟あたり何千という遺骨が入るので、お墓が増えているということになりますね。
お墓の都心回帰が始まっています。

「昔は、自分の家の庭にお墓ありましたよね。
お骨を持って帰って、庭にお墓作ってはいけないんですか?」

昔は良かったんですけれど、今は<法律>で認められていません。
庭に埋めたり、野山に勝手に撒くと死体遺棄になります。
霊園におさめるか、決められた業者による海洋散骨のみが可能です。

「海洋散骨はかなり増えいているんですか?」

増えています。
死後の骨の行き場に対して色々な希望があるので、
様々なニーズに応える形で業者が対応しています。
それで海洋散骨が増えています。
墓地埋葬法は陸地の上の法律で、海に関してはまだ規定はない。
ただ、一定の節度を守らないといけないのでルールはあります。

「お骨、全部巻くんですか?」

役80%の人は全部撒きません。
一部持っておいて、永代供養に収めたりと、
遺族の心のよりどころを残しておくというのが特徴です。
完全に巻いてしまう、完全に無にしてしまう、ということには
まだ日本人は踏み切れていないように感じられます。

毎年、お盆に大渋滞がおこるのは、つまり<お墓参り渋滞>でもあるわけですが、
この風習も近頃は無くなりつつある。
でも、故郷に帰ることがなくなっても、
お墓を自分たちの近くに持ってきて、
拝むということが続いているのは確かです。

フロッグマン「日本人ってあまり宗教に対して熱心でない人が多いと思われつつ、
 ”亡くなった人を思う”ということになると、
 お墓を拝みたいという気持ちは強いんですね。
      どんどん高齢化する遺族が拝みやすい環境はないのか、とか
      AI時代になっても、拝む環境はずっと持っておきたい、いうことが
      今後も模索されていくということかもしれませんね。」

「株式会社良心石材」代表『香取良幸』さんのお話

「テクノロジーを利用したお墓<スマ墓>を開発された?」

世界中どこでもお墓にすることができるサービスです。
お墓を作ること、暮石、墓地を探すのはとても大変なことです。
だから、スマホであらかじめ指定された場所を
お墓に指定することができるサービスを開発しました。
思い出の場所…例えば、おばあちゃんとよく遊んだ公園とか、
よく行った場所などがお墓になるというサービスです。
スマホで指定したその場所に行くと、故人が現れて、お話をしてくれたりします。

「アプリですか?」

専用のアプリを申し込んで、指定された場所に行き、アプリを立ち上げると、
ARで故人のメッセージを見ることができます。
そこにいかないと、見ることができません。
拝む場所ということを大切に考えていて、
そこに足を運んで、お参りするということにこだわっています。

フロッグマン「デモンストレーションがあるということで、実際に見てみましょう…」

伊東楓「わあー!!おばあちゃんが現れた!
 なんか、ゲームの<ポケモンGO>みたいですね!
 メッセージっていうのは色々選べるんですか?」

はい。
例えば、これは孫用、息子が何歳になった時用、誕生日用など色々指定できます。
お骨は、当社指定のお寺に管理してもらいます。

伊東楓「これ、嬉しいですよね?」

フロッグマン「ん~?実際の評判はどうですか?」

かなり分かれます。こんなのお墓ではないとか。
モンスターボールでつかまれられそうとか、心霊スポットになるみたいで怖いなど。
でも一部の方には「何十年後には、これがあたり前になるのでは?」とも言われています。

「これからは、お墓のあり方も変わってくる?弔う側の気持ち次第になるんでしょうか?」

これからは、一人一人の「慰霊した気持ち」という考え方が違っていくと思います。
お墓に実際に足を運んで、お墓の前で拝むことで慰霊した気持ちになるという方もいれば、スマホで故人に会うことで慰霊したという気持ちになる方もいる。

「ニーズに応えてお墓も多様化して、色々な選択肢が増えているとうことですかね」

最終的には、様々な方に、一番納得いく形のサービスに
みなさんが偏っていくと思います。

「宗教観の変化についてはどうでしょう?AI時代、宗教はどんなものにあるつつある?」

鵜飼さん
「様々な宗教で共通するのは「死」の捉えた方です。
最近は、臓器移植や、輸血などで、
人間の体の一部は入れわることが出来るようになってきました。
AI時代、記憶や感情が残すことができるようになる、ということは
脳がAIに置き換わって行くことになるのではないか。
すると、不老不死を手に入れることができるようなる、という事ではないのか?
つまり<死>がなくなる。
すると、宗教の存在意義はどこにあるのか?
ということを、よく僧侶どうしの飲み会とかで語り合っています」

フロッグマン「お坊さん同士でもそんな話してるんですねえ!」

AI時代は、宗教の大きな節目を迎えると思っています。
これからは、自分の体とはおさらば、というお葬式があるかもしれない。
自分からの卒業、自分の体とのお葬式。

フロッグマン「そうすると、魂はどこに行くのかってことですよね?」

魂とはなんだろう?
死なない時代、魂とはどこにあるのだろうということが問題になりそうです。
例えば、ここにある紙も再生されてまた新しい紙になる。ずっと紙であることが続く。
人間は死なない、人間も再生される、となると……
死がない世界になってしまいます。
それは、大きな倫理、大きな何かが崩壊するのではいかと私は恐れています。

フロッグマン「確かに!死を恐れなくなったら、人間はどうなるんでしょう……。」

伊東楓「怖い……。」

だから、私は死ぬことができる社会って幸せだと思っています。

「宗教観が変わると、お墓をたてない方もいるのでは?」

香取さん
「お墓をたてずに、お骨を家に置いておくだけの方が増えています。
たてても誰もこないんだったらたててもしょうがないか?と
後に残る人のことを考えて、あえてそうするということも増えている。
そういう時代になってきています。」

今週のまとめ

フロッグマン「何百年も踏襲されてきた風習が変わる時代になって来たのかも。
 AI時代、宗教観や、死者の葬い方が変わって行く時代がやって来た。
 それを我々が今迎えているということですね。
      日本人ってあまり宗教に対して熱心でない人が多いと思われつつ、
      ”亡くなった人を思う”ということになると、
      お墓を拝みたいという気持ちは強いんですね。」

今週のAI人

株式会社voiceware 代表『田村一起』さん

音声周りのAIを開発!

AIでその人の声を自由に再生させたりします。
映画の吹き替えは、日本人の声優さんや俳優さんが、日本語で演技をしていますが、
AIで、海外の俳優さんそのものの声のままで日本語でセリフを言う、といったことができます。

ロボットの声を家族や、好きな人の声にしたりできます。
30秒程度の音声のサンプルがあれば可能です。

亡くなった方の声でも、サンプルがあれば再生できます。

最近は、人の声から感情の分析をしてほしい、という依頼を受けています。
営業の人の心地のいい声とはどんな声なのか?とか。

フロッグマン「じゃあ、これから営業に向いている声だから入社して下さいとか!
 就活であるかもですね!」

▼今週は放送後記もアリ!