お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

梨の木が表すものとは?【幸福】(前編)

ラジオシアター~文学の扉

毎週日曜、夜9時からお送りしている
【ラジオシアター~文学の扉】

今週はゲストに笹本玲奈さんをお迎えして、
マンスフィールドの『幸福』前篇をお届けしました。

現場に入るなり、皆さん口々に「今回の作品は難しい」と仰っていました。

主人公バーサの内面の台詞が多く、語り役もそれに寄り添いますが、
時に冷めたようにも感じられる微妙な距離感です。

バーサを演じた笹本さんは、透明感があり芯もある美声で天真爛漫な魅力が光っていました。

謎めいた美女フルトンを演じたのは中嶋さん。

バーサとフルトンの会話はつかみどころがなく、
脚本を読んだ段階ではフルトンがどのような女性なのか、私の中ではモヤがかかっていました。

収録で中嶋さんの台詞を聞くと、バーサとの関係性が立体的に浮かび上がりました。

脚本を事前に読み、収録で登場人物の第一声を聞く瞬間が個人的に好きです。

作品に象徴的に登場する梨の木。

日本人にはあまり馴染みのないものですが、
満開の梨の木の写真を見てみると、思わず息を呑む美しさでした。そしてどこか悲しげで魅惑的な雰囲気があり、私はバーサにとってのフルトンのようだと思いました。

バーサに湧き上がる感情の象徴のようにも見えるし、皆さんはどう感じられるでしょうか。
ぜひ梨の木を見てみてください。

来週は『幸福』後篇をお届けします。
物語の展開と共に、登場人物たちの違う顔にもご注目ください。

by田上真里奈

ピックアップ