お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

映画雑誌「SCREEN」編集局長・米崎明宏が選ぶオススメ映画は…!?

明日へのエール~ことばにのせて~

TBSラジオで放送中の「明日へのエール~ことばにのせて~」(毎週土曜21時~22時)。偉人の格言、映画のセリフ、言葉をテーマにしたショートストーリーなど、過去と現在に散らばる様々な言葉の中から、とっておきの言葉を集めてお届けしています。これらの「ことば」が、リスナーの皆さんにとってエールになれば…。そんな想いを込めた番組です。


「エールシアター」7月28日(土)
映画雑誌「SCREEN」編集局長・米崎明宏さんに、生きるヒントや、人生のエールになるような映画についてお話をうかがっている「エールシアター」。
今回、米崎さんが選んだ映画は「フライド・グリーン・トマト」

「過去」と「現代」というふたつの時代を舞台に、友情によって人生が変わった女性たちの姿が描かれた、1992年に劇場公開の映画『フライド・グリーン・トマト』
キャストは、昔話を語る老女役にジェシカ・タンディ。その話に夢中になる主婦役に、キャシー・ベイツ。そのほか、メアリー・スチュアート・マスターソン、メアリー=ルイーズ・パーカーらが出演しています。

あらすじ
子育ても終わり、平凡な毎日を過ごす主婦のエヴリン。ある日、叔母がいるアラバマ州の老人ホームに出かけ、元気なおばあさん・ニニーと出会います。

マイペースなニニーは、初対面のエヴリンに向かい、唐突に「昔話」を語り始めました。それは1920年代頃、鉄道沿いの小さな町に暮らしていた少女・イジーをめぐる物語でした。

イジーは、元気いっぱい、ちょっとやんちゃな女の子。しかし、最愛の兄を事故で亡くしてからは、すっかり心を閉ざしてしまいました。

そんな彼女に手を差し伸べたのが、かつて兄のガールフレンドだったルース。根気強く寄り添った甲斐あって、イジーは心を開き、その後ふたりは良き友達となっていくのです。

それは大人になってからも変わらず、ふたりで「フライド・グリーン・トマト」が名物の駅前カフェをオープン!数々の問題を抱えながらも、力強く前に進んでいくのです。

この昔話に、現代を生きるエヴリンは大きく心を動かされます。そして、思い切った行動に出る!…という物語です。

上杉「友達っていいな!って思える作品です。ぜひご覧ください♪」

映画雑誌「SCREEN」9月号のお知らせ
米崎さんが編集局長を務める、最新洋画情報雑誌「SCREEN」9月号は現在販売中!
特集は…ミッション:インポッシブル/フォールアウト」のアクション完全チェック・登場キャラクター大解剖!
付録は…アメコミ・ファンは絶対注目! 「MARVELヒーロー大事典」
読みごたえ満点!ぜひご覧ください!