お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

英国バッキンガム宮殿・近衛兵がかぶる「黒い大きな帽子」の意味

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

イギリス・ロンドンにあるバッキンガム宮殿。1837年の今日、7月13日に「ヴィクトリア女王」が移り住んで以降、歴代のイギリス国王が住む場所になっています。つまり、現在は、エリザベス女王の「住まい」となっています。

敷地面積は1万坪。東京ドームより少し小さいぐらいで部屋数は、スイートルームが19室、来客用寝室52部屋、ほかにスタッフ用の寝室や事務室を合わせると、775もの部屋があるそうで、舞踏会場、音楽堂、美術館、図書館なども設置されているそうです。

こちらのバッキンガム宮殿は、ロンドン観光の名所となっていて、毎年7月下旬から、9月の夏の間は、一般の人でも入場料を払えば宮殿内に入ることが可能だそうです。意外ですね!そして、もうひとつのロンドン名物は「イギリス王室の近衛兵」。イギリス陸軍の「近衛師団 」と呼ばれる部隊に所属し、女王の警護にもあたる重要な役割です。真紅の制服に特徴的な、大きな黒いもこもこの帽子。直立不動で身動きひとつせずに警護を行う姿、午前中に行われる衛兵交替式には、世界中から観光客が集まるほど有名。ちなみに交代式は季節によって時間が変わるそうなので、観光に行く人は要注意ですね。

さて、みなさんは、あの黒い帽子は何で作られているかご存知でしょうか。正解は「熊の毛皮」です。1815年、ナポレオン戦争に勝ったことを記念して採用されました。大きいのは威嚇の意味もあるとされますが、そもそもはスコットランド兵の民族軍装だそうで、防寒のためと、兵士の無事に願いをこめる…という目的もあります。熊の毛皮はカナダ政府が管理する団体を通して手に入れていますが、値段は、日本円で、10万円前後もするそうです。けっこうしますね。毛皮ではなく化学繊維で作るという案が持ち上がったこともありましたが、軍は、着用時の問題点があるとしてこれを退けたそうです。動物愛護の観点で、毛皮に対する考えも様々ですが、伝統を守るという点では「プロの仕事」とも言えますね。

番組では皆さんからのおたよりも、募集しています。
おハガキは、〒107-8066 TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」まで。メールは、番組のホームページから、お送りください。お便りを採用させていただいた方には、クオカード三千円分と、CMでお馴染みの曲、「いすゞのトラック」のCDを差し上げます。

TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。