お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

さらば青春の光、TBSラジオ初冠特番。単発なのに、ゲス川谷がジングル制作。

ラジオワールド

7月8日(日)、お笑いコンビ・さらば青春の光(森田哲矢・東ブクロ)のTBSラジオ・初冠番組となる特別番組が放送された。

タイトルは『さらば青春の光のGO!GUY!』。冒頭でタイトルに触れた、さらば青春の光の二人。命名した東ブクロは「かっこええやん」と自画自賛したが、森田やリスナーからは「ダサい」と批判の嵐。番組内では、『さらば青春の光のバカゲタラジオ』『さらば青春の光のさらばらばー』など、ボツになったタイトル(すべて東ブクロの案)も紹介された。森田曰く「どうせならと思って、一番ダサいタイトルを選んだ」とのこと。

CM明けでは、お笑いラジオのものとは思えない妙にオシャレなジングルが流れたが、実はこのジングル、バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音が制作したもの。川谷と親交のある森田が、番組収録の3日前に「ジングル作ってもらえませんか」とLINEで直接お願いしたら、二つ返事でOK。頼んだ翌日に、すぐ作って送ってくれたという。(しかも2種類)
番組では、森田が川谷と初めて食事に行ったときのエピソードも披露された。

TBSラジオのホームページでは、二人の初冠特番の放送を祝って「二人が喜びそうな有名人からの祝辞」を事前募集。有名人になりきったリスナーからの祝辞メールが番組内で紹介されたが、実はこの中にも、本物の「有名人」からのメールが紛れ込んでいた。その有名人は、大林素子、ガリガリガリクソン、そして19(ジューク)の岡平健治の3名。岡平は、東ブクロのゴルフ仲間だという。
森田はエンディングで「もし次回があったら、今度は健治さんがジングル作ってくれてもいいし」と、なぜか上から目線で期待を膨らませた。

また、番組終盤には、単独ライブ「真っ二つ」のDVD化&東京グローブ座での東京凱旋公演を発表。チケットの抽選先行予約は、7月15日(日)までチケットぴあで受付中。

●さらば青春の光 単独LIVE『真っ二つ』(東京凱旋公演)

●DVD「さらば青春の光 単独LIVE『真っ二つ』」

日曜よる8時という、家族がお茶の間に集まる時間に放送された番組とは思えない、深夜ノリの60分間。翌週7月15日(日)まで、radikoのタイムフリーで聴くことができる。

さらば青春の光のGO!GUY!http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20161010040000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)