お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

「アイドルは…と壁を作るべからず!」2018上半期!アイドル大賞

TALK ABOUT

半期に一度お送りする(予定)、アイドルウォッチャー・工藤大輝がパーソナリティの番組「TALK ABOUT」が勝手に贈る「輝く!アイドル大賞」

審査員はもちろんこの方・・・

え?だれだれ??

はーい!

 

工藤:上半期は、いわゆる大手、ハロプロやバーニング、avexなどからのリリースはあったんですけど、それ以外の方々は少なかった印象。この曲今年だったかな?と思っても、去年だったり。でも今回は、2018年以降のリリースから。

 

最優秀アルバム賞!フェアリーズ「JUKEBOX」

工藤:フェアリーズは、女性ダンスボーカルグループ。ライジングプロダクションという、w-inds.、三浦大知、MAXといったダンスボーカルのプロ。ダンスと歌がちゃんとスキルフルでうまい!っていう人たちがいる事務所。その中から出てきた5人組の女性グループです。

2011年デビューで、アルバムを1枚出してたけど、それが結構前で、シングルはあってもアルバムリリースはなかった。そんなフェアリーズが今年6月にリリースした2ndアルバムが…、こういうことを言ったら語弊があるかもしれませんが「復活のフェアリーズ!」アルバムのリードとしてMVがUPされてれたBangin’って曲とか、カッコいい曲をカッコよく仕上げてぶつける。

個人的に昔好きだった、2015年の「Mr.Platonic」っていう曲がすごい好きだったんですけど、そこから、王道っぽい曲はないなと思ってたけど、このっ曲で戻ってきた。

▼参照 Bangin’

 

そんなアルバム「JUKEBOX」の中からお送りする曲は、ハットを使ったり、オシャレなダンスナンバー「Fashionable」

 

続いては、会いたかったDE賞!「モーニング娘。’18」

いきなり手作り感あふれる賞タイトルに…でも重要な意味があります。

工藤:モーニング娘。は、僕が中学の頃から好きだった。でも道産子なんで、当時、中学生で北海道でってなると、チケットとれないし、お金もないし、交通手段もない。ライブ行ったことなかったんです。僕ができたのは、ひたすらCD,DVD,グッズを買うこと。

工藤:上京して生で見ると、パフォーマンスがぶっちぎってる。先月、日本武道館のコンサートに行かせていただいて。やっぱりモー娘。さんはスゴかった!5、6曲続けてずっとフルアウト(エネルギーMAXで踊ること)で。表情も崩れないし、動きも鈍らないから、どういう身体能力・体力してるんだろうな…と思って見てました。

舞台装置とか照明とかシンプルで、フォーカスが人にいくようになってることもビックリしたし。演出にこだわる人も多いんですけど、あえてそこを排除したパフォーマンス。ハロプロさんならでなのかな!と。

ライブ本編ラストの曲。本編ラストにもってきたか!と思ったカッコいい曲。EDMっぽい曲も好きなんですけど、ちょっと昔が好きだった僕としては、FUNKとか、そっち系をやると、モー娘。さん「あー、本領発揮!」って思うタイプなので、それもあって。聴いて下さい、「ジェラシージェラシー」

最後は…もっと評価されてもいいDE賞!「predia」

工藤:個人的に、もっと評価されていいだろう!っていうアイドルに捧げる賞。前々から評判は聞いていたけど、今年爆発したな!っていうイメージがあって。

工藤:prediaというグループ。平均年齢が28歳、結成が2010年なんです。約8年。8年経ってるからライブの経験値もずば抜けてるし、歌唱力がすごい。1トップで誰かがうまいじゃなくて、全員うまい!アイドルとして見れないレベルでうまい。だから逆に敬遠されてたのかもしれない。いろいろ調べてると、フェスで、周りの人たちが「prediaやばいから見た方がいいよ」って言って、その誘いにのっていった人がハマるという現象が起きてるっぽい。ここにきて、スキルと楽曲がすごい評価されてきているのを感じます。

工藤:2月14日リリースの2ndアルバム「ファビュラス」。四つ打ちのEDMの曲が多めなんですけど、「Hotel Sunset」が異彩を放ってるんです。好き過ぎて、2月リリースなのに今でもめちゃくちゃ聴いてます。何がいいのかというと、EDMの中にラテン調でFUNKも入ってて、ラップもあって。僕からしたら王道なんですけど、グループの方向性としては変化球なのかも。歌詞やMVも、一言でいうとエロいです。けど、いやらしくない。いやらしくないのは、平均年齢が高いこととか、経験値。その説得力があるから、いやらしくない。これを10代のアイドルがやっちゃうと、やらされてる感がすごく出ちゃって、興ざめしちゃうと思うんです。

そして何より、作詞作曲が、僕の好きなJazzin’parkさん。引き出しも多くてアレンジがかっこいい!そこにも注目して聴いてほしい。

工藤:1サビの1回落とすところ、めっちゃ好きなんですよ。そこ四つ打ちでいくでしょ!っていうところをあえて1回落としてから、2まわし目で上げる!マニアックな話だけど…ユニゾンもキレイだし、コーラスもたぶん本人がやってて。アイドルの子って、コーラスは作家さんに任せるパターンも多いんですけど、これは確実に自分たちでやってますね。スキルが半端ない!というところで。改めてチェックを!

受賞された皆様には、心の盾を・・・

工藤:普通に女性グループとして見て下さい。「アイドル」ってくくるから壁ができるんですけど、もうそういう時代じゃないと僕は思ってます。曲単位で聴いてもらえると嬉しい!

次回は12月(の予定)。

はぁ~、次回も楽しみ・・・