お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

ボケないためには脚を鍛えよう!認知症対策

生島ヒロシのおはよう定食|一直線

“聴くスポーツ新聞”「生島ヒロシのおはよう一直線」

(毎週月~金 朝5時30分〜6時30分)

ニュース、スポーツ、そして健康、シニアライフ、介護などをキーワードに、

生島ヒロシがわかりやすく、元気に様々な情報をお伝えしています!


毎週月曜日の6時10分頃からは、「サントリーウエルネス 健康相談塾」

リスナーのみなさまから健康と“食”に関するお悩みを募集し、

専門家の方にアドバイスを頂きながら、気になる健康情報をお届けしています。

 

番組では、健康に関するお悩みを募集しています。

ハガキ:〒107−8066 生島ヒロシのおはよう一直線「健康相談塾」係。

メール:ohayou@tbs.co.jp 是非、ご相談内容に、

コーナーの感想も是非添えてお送りください。

お便りが採用された方にはサントリーから素敵なプレゼントをお送りします。



東京都・中野区 44歳・男性 ラジオネーム:初老おじさん

さて、最近なのですが、人の名前がすぐに出て来なくなりました。頭では分かっているのに、顔も思い浮かぶのに、名前が出てこないのです。「ボケてきてるのか?」と少々不安になっております。何か対策があれば、是非 教えて下さい!

イシハラクリニック院長・石原結實先生に「ボケ・認知症対策」のアドバイスをいただきました。

<石原先生のお話>

「ボケ」という言葉は通称で、本当は「認知症」というのが正式な病名。65歳以上の高齢者の3.0~9.0%程度が認知症を患っているという統計や、予備軍を含めると、およそ800万人が認知症であるという統計もあります。最新の研究結果によると、「筋肉を鍛える運動が認知症の予防に効果的である」ということが、徐々に明らかにされてきました。更に、「歩くのが速い人は長生きする」という研究結果もあるのです。ウォーキングの速度は下半身の筋肉の量、および、脳神経によってコントロールされています。そのため歩く速度は、その人の脳の健康状態や、下半身の筋肉の活動性を端的に表します。

<ウォーキング>
ウォーキングは運動の基本中の基本。
わずか10~20分の速足による散歩でも、認知症を予防できます。

①歩行後数分間から筋肉内のエネルギー消費量が増加。
 血液中の糖や中性脂肪が低下。
②血小板(血液を固まらせる血球)の凝集能を低下させ、血液をサラサラに。
 血行を良くする。
  ⇒※血液の循環がよくなる。
③血行がよくなると、血管の内皮細胞より、
 一酸化窒素など血管を柔らかくする物質の分泌が増加。
  ⇒※これらにより、脳の血流が良くなり、認知症の予防が出来ます。

◎効果的な歩き方
・背筋を伸ばし、お尻をひきしめてまっすぐ前を見て歩く。
・つま先は進行方向に向け、かかとから着地するのが理想。
 (※自分にとって歩きやすい歩き方で良い)
・40代なら1日 9000歩
 50代なら1日 8000歩
 60代なら1日 7000歩
 70代なら1日 6000歩…、を目安に歩くと良いでしょう。

オススメは「歩数計」をつけて歩くことです。カナダの大学の研究者たちが、運動嫌いの人たち106人を集めて歩数計を与え、12週にわたり、ただそれを身に付けて毎日の歩数を記録してもらう、という実験をしました。この106人の人たちは、はじめは意識的に歩こうとするつもりは全くなかったが、歩数計を持っているだけで、歩く歩数が歩く歩数がそれまでの1日平均「7029歩」から「1万480歩」に増えました。

そして、地中海食を摂取したチームが、地中海食でない低脂肪食を摂取したチームに比べ、「思考力」「記憶力」が良好に保たれ、ウツになる人もほとんどいなかった。という調査がある。地中海食とはイタリア、スペイン、ギリシャなど、地中海沿岸諸国で伝統的に食べられる料理。
⇒オリーブオイル、野菜、豆類、果物、魚介類などを多く食べ、乳製品や肉類は少なめ。

「ナッツ」や「オリーブオイル」などの油脂は、脳の機能と健康に重要な役割を担う、と言われています。脳神経細胞は、一つ一つが「髄鞘(ずいしょう)」と呼ばれる薄い脂肪とタンパク質の層で保護されています。この髄鞘は、植物由来の脂肪から作られているため、健康的な食品(脂質)を摂取するほど、脳も健康になります。髄鞘に含まれる脂肪である「オレイン酸」は、オリーブオイル、アーモンド、マカダミアナッツ、ピーナッツ、アボカドに多く含まれています。また、脳の健康に重要なオメガ3脂肪酸は、魚、クルミ、大豆食品に豊富に含まれます。これらの脂質は、認知症のリスクを低下させることが明らかにされています。