お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


マキタ、鹿島、米粒(居島・タツオ)「FA宣言」の3組。移籍先が決定しました

東京ポッド許可局

マキタスポーツ、プチ鹿島、サンキュータツオのラジオ「東京ポッド許可局」。6月18日放送のエンディングでは、「ご報告論」のご報告。ということで、タツオ局員の相方・居島一平派遣局員も合流。

タツオ:以前、ご報告論というのをやりました。所属事務所がオフィス北野でしたが、FA宣言。4月23日のことでした。

鹿島 :生意気にもね。5月末まで待ちますよと。

タツオ:独立・移籍・残留、全ての可能性を模索すると。残念ながら、オフィス北野さんからは、残留希望が無かったということで・・・

タツオ:大変ありがたいことに、10社以上から声をかけていただいた。我々3組、一緒に足並みをそろえて…というところで模索いたしまして。結果を、マキタさん!

マキタ:マキタスポーツ、プチ鹿島、米粒写経の3組は・・・

マキタ:日大アメフト部に・・・

鹿島 :至学館じゃなく。

いえいえ、きちんとご報告。

マキタ:このたびワタナベエンターテインメントに、身を預けることにいたしました!伝統あるワタナベエンターテインメントの社長・会長自らが、「みなさんのお話を聞かせて下さい」と平身低頭に、誠実に話をきいてくれたんですね。

鹿島 :僕にとってはもう、長嶋監督が花束を持ってきた感じ。
マキタ:あのときの槙原…
タツオ:大変ありがたい。

居島 :会長さんのフットワークの軽さ。米粒写経の単独ライブもフラっと見に来てくださっていたというのもビックリだったよね。
タツオ:ワタナベエンターテインメント。TBSラジオ的にいえば、ハライチさんも。ただ、僕たちは、一風変わった芸人たちなので。
鹿島 :ひふみん枠だろ?

 

新たなスタートを切るおじさんたち。今後ともよろしくお願いいたします!