お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

『ECC presents 伊集院光とらじおと英会話と』~レッスン⑨古典落語【出来心】~

伊集院光とらじおと

伊集院光とらじおと英会話と

伊集院光さんが古典落語の英訳を通じて英語を学んで行こうというコーナーです。

レッスン⑨古典落語『出来心』
主人公のさえない泥棒が、貧乏長屋に盗みに入るが、
何も盗まないうちに家主が帰ってきてしまい、押し入れに隠れる。
さて家主が室内を見た所、泥棒の形跡はあるものの、何も盗まれてはいない。
そこで思いついた悪知恵が、家賃を泥棒に盗まれたことにして払わない。
大家に事情を話すも、他に何を盗まれたか?と聞かれて、あることないことでっち上げているうちに、
たまりかねた泥棒が押し入れから飛び出して、
「てめえ、どうして嘘ばかりつくんでぇ」
思わず家主が、
「ほんの出来心で。
今日のレッスンは、古典落語「出来心」の中から
「泥棒に、持ってこうと思ってた店賃盗まれちまいまして」です。

今回のレッスンは、古典落語【出来心】を題材に、「受身形(受動態)」表現を学びました。

まず、これを現代語に訳します。
「泥棒に、持ってこうと思ってた店賃盗まれちまいまして」⇒「お金を盗まれました!」

そして、これを英訳すると
「お金を盗まれました!」⇒【My money was stolen.】
となります。

受身形(受動態)は、【be+過去分詞】
※steal(現在形)⇒ stole(過去形)⇒ stolen(過去分詞形)
昔、学校で習いましたよね?

☆これに場所を足すと
「レストランでお金を盗まれた」=【My money was stolen in the restaurant.】
「電車の中でお金を盗まれた」= 【My money was stolen on the train.】
「食事をしていた時にお金を盗まれた」=【My money was stolen, when I was having dinner in the restaurant.】

皆さんが使える表現として…
海外旅行先でのアクシデントの例を習いました。
例えば
「財布を盗まれました。」= 【My wallet was stolen.】

「荷物を盗まれました。」= 【My backpack was stolen.】

「パスポートをなくしてしまいました。」= 【I lost my passport.】

「ホテルにチケットを忘れました。」= 【I forgot my ticket at the hotel.】

「五番街で強盗にあいました。」= 【I was robbed on the Fifth avenue.】

「地下鉄でスリに遭いました。」= 【I was pickpocketed on the subway.】

使わないに越したことはありませんが、万が一、使う機会があれば!是非、チャレンジしてみて下さい。

レッスン⑨は古典落語『出来心』を題材ににお送りしました!

伊集院光とらじおと英会話と | TBSラジオ | 2018/6/4/月 10:41-11:00 http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20180604104112

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

6月10日(日)までお聞きいただけます。