お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


ゲスト:作詞家作家 なかにし礼、闘病中の制作。その作品は・・・MASACA!

コシノジュンコ MASACA

TBSラジオで日曜17時から放送中の『コシノジュンコ MASACA』
コシノジュンコが今、気になる人をお招きしお話を伺います。
2016年4月17日(日)は、作曲家・作家:なかにし礼さんをお招きしました。

MASACA!

ゲスト:なかにし礼さん(作曲家・作家)part2

masaca_20160417_nakanishi1

JK:作詞家っていうより小説家だから、やっぱりちょっと威厳がありますね。

なかにし:なーに言ってんだか

JK:ほんとほんと、かっこいいじゃないですか!直木賞なんて、すごいことだもの。

出水:そうですよ。そしてなかにし礼さんは昨年、作詞家、そして作家生活50周年を迎えられました。その50周年を記念した企画アルバム、「なかにし礼と12人の女優たち」、こちらを発表されています。本当に日本を代表するような、黒柳徹子さんですとか、草笛光子さんですとか、泉ピン子さんですとか、そうそうたる顔ぶれの皆さんが歌っていらっしゃいます。

cocq85087_book

JK:ユニークですよね。

出水:そう!かなり人選も、なかにし礼さんらしいな、と言った感じですけれども、レコーディング如何でしたか?

なかにし:このレコーディングは楽しかったでですよ(微笑)。いやあ、まずエンジニアが皆ね、大女優が来るって言うんで、なんかもうねえ、ウキウキしちゃってね、「写真撮るんだ」みたいな、仕事にならないような雰囲気で。

JK:いやあ、楽しませちゃったわね。

なかにし:そこでね、この女優さんたちが、僕の言うことをビシッと聞くわけよ。また。

JK:歌となると素人だからね。やっぱり先生。

なかにし:そうそう。で、この中で初レコーディングの人がいっぱいいるのよ、平淑恵さんとか、常盤貴子さん、高島礼子、佐久間良子、この4人が初めてなのね、レコーディング。

JK:歌うたうって言う感覚無いものね。

なかにし:おどおどしちゃって、いたんだけど、まぁピシッと唄えた。で、大竹しのぶとか桃井かおりとか、もう上手いの!だけど、なんでこの人選をしたかといと、全部僕の小説が映画になったり、ドラマになったり、舞台になったときの主役を張ってくれた。。

関わっているから!

なかにし:今度第2弾やるの。いま準備中。

JK:おもしろいおもしろい!

masaca_20160417_nakanishi6

出水:そして昨年11月には、オリジナル歌手の歌で振り返るコンピレーションアルバム「なかにし礼と75人の名歌手たち」が発売されているんです。なかにし礼さん自ら企画して、監修、選曲を担当しまして、4枚組で全85曲も収録されている、曲順までも決められたということなんですね。

JK:昭和の証だから

なかにし:これは複雑でね。僕は病気でね。手術して、死ぬの生きるのって言っているときに、これ進行中だったわけですよ。で、コロンビアレコードにはね、僕が死ねば売れるから心配するなって言ってやってたんだけど、これをちゃんと発売して、こうやって番組に出られるなんて、ほんと夢にも考えていなかったね。

masaca_20160417_nakanishi8

出水:ご自身の直筆で曲順も書かれていますけど、あれを書かれたときは丁度・・・

なかにし:闘病中。

出水:そうですか。

なかにし:僕はこれをやってしみじみ思うのは、美空ひばりと石原裕次郎の時代だったなと思いますね。

JK:私ね、これ見て、当時ピーターと仲良かったのね。「夜と朝のあいだに」って、なんでこういう言葉になっかって、あれがすごく面白かった。ピーター自身のことでしょ。

なかにし:そう。それでね、ピーターが15歳のときに我が家に来てね、遊びにいったり、可愛いのよ。で、詩を頼まれたんだけど、ピーターっていう、まぁ、男とも女ともつかない少年がいて、で、彼をどうやったら世の中の市民権をもたせて、彼が大威張りで歌えるような歌を作れるか、というのがテーマでね。それで、「夜と朝のあいだに」、というのを思い付くまでに少し時間がかかるわけよ。
で男というのは、le matin。

出水:フランス語ですね。

なかにし:そこがかっこいいの。

なかにし:男性名詞。夜と言うのはla nuit。女ね。

出水:そうか、男性名詞と女性名詞の。

なかにし:あいだだから。夜と朝の間に、ということにして、そしたら詞がパッとできた。

JK:そうやってコンセプトをきちっとされているから、本当に強いというか、訴える力があるものね。偶然ポンとでるんじゃなくてね。

なかにし:ただ偶然に夜と朝の間にが出たんじゃあ思い付きだけど、論理的に組み合わせていってそれが出来上がると、筋道が。

JK:ちょうど夜と朝の間にいつも遊んでいたとかじゃなくて(笑)、と思っていたけど、それ聴いてさすがと。

出水:今回のブックレットには徳光さんとのインタビューが載っているんですけども、その中に、なかにし礼さんのすべての歌に、妄念を込めていらっしゃると。この妄念と言う言葉が印象的に思えたんですけど。

JK:執念じゃなくて妄念。

なかにし:執念っていうのは拘りだよね。妄念っていうのは、こっちの勝手なね、妄想ですよね。それはコシノジュンコさんにもつながると思うの。たとえば僕にこのネクタイをね、プレゼントしてくれたのか、僕が買ったのか忘れちゃったけど(笑)、兎に角その瞬間、なかにし礼がこのネクタイを永久にしてくれることを密かに望んでいたと思うんのよ。それは感じるんだな。僕は誰かに歌をかくと、その歌を死ぬまで唄ってもらいたいわけ。だから歌を書いて、今月のニューアルバムですって紹介されて、それきりで消えちゃうんじゃなくて、その人が舞台に立ったら、最初に唄うか、最後に唄うか、アンコールで歌うか、この3つしかないわけ。この3つとして生き残らないと、歌は面白くない。

masaka_20160417_10

=2016年4月17日(日)オンエア楽曲=

  • M1. (Love Is Like A) Heatwave / Martha Reeves
  • M2. わが人生に悔いなし / 石原裕次郎

ピックアップ