お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


6月3日(日)「珍しいサクランボ【寿錦】と【月山錦】」(にち10おでかけリサーチ)

安住紳一郎の日曜天国

TBSラジオキャスターの楠葉絵美です。

楠葉絵美
TBSラジオキャスター。アニメ、マンガ、ゲームが大好き!

放送を聴いてから出かけても間に合う!オススメのスポットから生中継している「にち10 おでかけリサーチ」

▲さくらんぼ農園の【竜太園】

6月3日(日)の放送ではさくらんぼをご紹介しました。6月はさくらんぼの季節、さくらんぼ狩りもシーズンを迎えます。今日は山梨県甲州市のさくらんぼ農園『竜太園』に行ってきました。ここは25種類ものさくらんぼを育てていて、今は6種類の食べ比べが出来る、人気の農園です。時期によっては12種類食べ比べが出来るときも!竜太園には、人気の佐藤錦や紅秀峰はもちろん、珍しい品種もあるそうです。代表の滝嶌 竜太さんに聞きました。

▲滝嶌さんと。

珍しい品種の1つ目は、寿錦「いわい錦」、見た目は普通の赤いさくらんぼで大粒。

▲寿錦、大きいです!


どこが珍しいかというと、実と実が風などでちょっとぶつかるだけで、青あざになってしまうほど、ぶつかりに弱いので、あまり市場に出回らない珍しい品種なんです。糖度はなんと、マンゴー並みの20度くらいになります。寿錦もさくらんぼ狩り出来ますが、個数制限があって1人30粒。なぜなら普通に買うと1粒300円くらいするからです。しかも寿錦だけは自分でとるのではなく滝嶌さんがとります!「お客さんがとるのと、私がとるのでは味が違う!私はその日1番美味しいさくらんぼをとって渡します!」とのこと。さすがです。

▲まだ色づいていないように見えますが、、、


一見、まだ真っ赤になってない!という寿錦が美味しいらしいんです。甘みだけじゃなく、酸味もほどよくあり、滝嶌さんは園内のさくらんぼで寿錦が1番好きだと話していました。私も1粒いただましたが、十分甘くて、ほどよいさくらんぼの酸味がしっかりあって、抜群に美味しい!果肉が多くて種は小さくて、「食べたー」という満足感がすごいです。とにかく甘いのが好きだ。という人は真っ赤になっているのを食べると糖度20を感じられます。珍しい品種2つ目は、黄色いさくらんぼの月山錦「がっさん錦」

▲滅多に食べられない月山錦!


大きさも最大4Lサイズまで育ち、甘さは24度にまで。こちらは幻のさくらんぼと言われているのですが、実をつけにくく、つけても自然に落ちやすい品種。国内で栽培している農園も少なく、本数が多くないので“幻”なんです。でも竜太園では大きく実をつけています。秘訣は、25種類育てていること。さくらんぼは実をつけるのに、他の品種の花粉が必要です。どのさくらんぼ×どのさくらんぼが合うか、受粉親和性と言って『相性』があります。25種類育てているから、どの花粉が相性良いのかわかったそうです。

▲さくらんぼ受付はこちらです!


気になるお値段ですが、寿錦は1kg7200円。月山錦は1kg15600円です。デパートなどでは1kg3万円はするので、竜太園へ直接買いに来る人が多いんです。どちらの品種も毎年大人気で、特に月山錦はすぐ売り切れてしまいますが、ご安心ください。竜太園にはまだまだまだ色んな種類のさくらんぼがあります。

▲佐藤錦


人気の【佐藤錦】と【紅秀峰】も含め、さくらんぼ狩り2100円で40分間、食べ放題です。(寿錦30粒付きは4200円)

▲紅秀峰

国産のさくらんぼでこの色の濃さ!食べても果肉が真っ赤っか。

▲紅さやか


カナダ産まれのサミット。実がハート型です。

▲サミット


こちらは高砂。

▲高砂


私でもすぐ見分けられる特徴を持つ、紅さとう。実の真ん中に1本白っぽい線がうっすら通っています。

▲紅さとう


正光錦は歯がいらないほど柔らかい!口に入れてホロッとジュワっと崩れます。

▲正光錦


梅雨入り前にさくらんぼ狩りを楽しむご家族がたくさんいました。来週以降、たとえ雨が降ってもハウスで屋根があるので大丈夫です。

▲さくらんぼ狩りを楽しんでいました。


他に、最近人気の新しい顔ぶれも。こちらは「おりひめの季節」

▲おりひめの季節


ちょっと色の濃いさくらんぼです。続いて「Jのしずく」

Jのしずく


名前のインパクトがあります。
東香錦、ゆめあかり、大将にしき、の3種類は遅く実がなるさくらんぼなので、6月中旬以降も楽しめます!覚えきれないほどのさくらんぼの食べ比べ、幸せでした。