お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


西本智実さん「MASACA!曲を間違えた!その瞬間・・・」

コシノジュンコ MASACA

TBSラジオで日曜17時から放送中の『コシノジュンコ MASACA』
コシノジュンコが今、気になる人をお招きしお話を伺います。
2015年5月17日(日)、24日(日)は、指揮者の西本智実さんをお招きしました。

MASACA!曲を間違えた!その瞬間・・・

ゲスト:西本智実さん part1

出水:西本さんは指揮者としてロシアからスタートして、ヨーロッパ、南北アメリカ、アジア諸国、各国の交響楽団や管弦楽団で次々と成功し活動範囲を広げていらっしゃいますが、指揮者としてのキャリアは、オペラからのスタート。オペラとの出会いは?

西本:大学の時ですね。1回生のときに、それは新作オペラだったんですね。そこで、当時は全部手書きでしたから、いまパソコンですけど、手書きなので殴り書きのように書かれますでしょ。それを読み取らなくちゃいけませんから、前後の理論が合わなくちゃいけないんです。だから作曲専攻の学生に緊急アルバイトみたいに話が来て、それを三日三晩寝ずに仕上げて。

JK:楽譜を用意するのが大変なのね。各パートごとに違うでしょ?

西本:それを一個一個仕上げて。

JK:それにオペラって長いもの。

西本:もう大変でした。それをやって、なんとか間に合ったんでしょね。そうしましたら、照明のキューを出してほしいと。楽譜を見ながらやるから。

そうしたら、使い勝手が良かったのか、今度は字幕のキューを出してほしいとそれも楽譜見ながら。
そして今度は現場で助手をしてほしい。テレビ局で言うとADさんのような仕事ですかね。

こちらとしては現場で勉強できるのは凄く嬉しいことでしたし、なにより楽譜をもらえるというのが、私にとっては財産というかね。高いんですよ、楽譜を買うと。なので嬉しくて。現場で。

そうこうしているうちにピアニストさんが電車の都合で遅れたから弾きなさいと。

出水:えーっ!

西本:歌手が遅れてきたから、指揮者が遅れてきたからと、現場の何でも屋さんで。そうこうしているちに副指揮をさせていただいて、まだ学生でしたけど。

JK:大失敗っていうことあります?

西本:ありますよ。(笑)
わたし曲間違ってふったことがあります。思い込んでいて。

私はマーチを演奏すると思っていたんですね。
だけど実際はワルツ。順番が違っていたの。
ワルツは三拍子でしょ。マーチは二拍子でしょ。
もう全然違うんですよ。

しかも、音量が大きいのと小さいの、全然違う曲だったので。
構えた瞬間、オーケストラのメンバーも「なんかオカシイ」と思ったみたい。

JK:お客さんにはわかったんですか?

西本:わかったと思いますよ。瞬間。
でもその瞬間、超スローモーションのようになって。
瞬間に、ワルツに切り替えたんです。
悪夢だと思いました。

=オンエア楽曲=
M1. 瑶族舞曲 / The China Central Chinese Orchestra
M2. ある晴れた日に(オペラ蝶々夫人より)
/ 西本智実指揮・イルミナートフィルハーモニーオーケストラ

=西本智実 コンサート情報=
西本智実プロデュース
座オペラ in新橋演舞場
~ オペラ「蝶々夫人」全幕上演 ~
2015年5月26日(火):18:00~ 5月27日(水):14:00~
お問い合わせ:チケットホン松竹 0570-000-489

若くして首席指揮者に!そこにはロシアならではの・・・

ゲスト:西本智実さん part2

出水:ロシアの国立サンクトペテルブルグ音楽院へ留学されていますけれども・・

JK:凄い寒いし、どんなんだったんですか、ロシアって。

西本:私はお金、自分で貯めて行きましたから。1万ドルしかなかったわけです、当時。それで音楽院に入って授業料でしょ、それに寮費ですね。もうカツカツもいいところ。

私が留学したのは1996年だったので、まだ大変な時代ですよロシアが。激動の時代で。
そうしますと国のシステムがストップしちゃうんですよね。郵便事情も悪いから、日本から手紙を書いてもらっても、メリークリスマスが節分の頃に届いたり(笑)
もうそのまま無くなっちゃったり。そういうこともありましたね。

出水:留学から6年でロシアで首席指揮者になられて。この6年って言うのは、非常に短く感じるんですけど。

西本:そうですね、短いです。これはですね、当時ロシアが激動の時代で、大変なことがいっぱいあったんです。国からお金が出なかったりとか。そうしますと、その国でやってきた優秀な人たちが、国外に行って、いなくなっちゃったんです。そうするとですね。若手にチャンスが回って来たんですよね。

JK:逆にラッキーという。

西本:ものすごいラッキーだと思います。しんどかったですよ。間反対のこともあるわけでうすから。でもある一面は、そういうことがあったから、外国人の私にも白羽の矢が立ったということはあると思います。

JK:結果的にね。

出水:でも若くしてそういうポジションに着くというのは、後のキャリアには非常に大きなことですよね。

JK:見事だなと思います。

西本:それもロシアが懐が深いと言いますかね。日本的な発想で言うと、何歳だからとか、キャリアがまだ少ないから、とかね。
そういうことじゃなくて、この大変なことは若いからできる、ってね。

JK:その考え方って、おおざっぱでいいですね。エライわね。ふつう、これだけの経験なきゃいけないとかね。
まずロシア人選びますよね。勇気あるわね、そういう考え方は。

西本:いまは私自身も、何か決め事をするときに、楽団員が年齢がいくつだとか、まったく関係なくね。経験というか、そういうところで仕事をもっています。

JK:日本だけですよ。こだわって。まず年齢書くわよね。男女。ヨーロッパとかアメリカ、男も女もないわよ。真ん中もいるわけで。いろいろいるわけでね。

=オンエア楽曲=
Rather Be feat. Jess Glynne / Clean Bandit
ベートーヴェン交響曲第9番より
/ 西本智実指揮 イルミナートフィルハーモニーオーケストラ

=西本智実 コンサート情報=
西本智実プロデュース
座オペラ in新橋演舞場
~ オペラ「蝶々夫人」全幕上演 ~
2015年5月26日(火):18:00~ 5月27日(水):14:00~
お問い合わせ:チケットホン松竹 0570-000-489

ピックアップ