お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


綾戸智恵さん「ニューアルバム「Do Jazz」はMASACAの40年ぶりUSレコーディング」

コシノジュンコ MASACA

TBSラジオで日曜17時から放送中の『コシノジュンコ MASACA』
コシノジュンコが今、気になる人をお招きしお話を伺います。
2015年4月19日(日)、26日(日)は、綾戸智恵さんをお招きしました。

ニューアルバム「Do Jazz」はMASACA!40年ぶりUSレコーディング

ゲスト:綾戸智恵さん part1

出水:ジュンコ先生が岸和田、綾戸さんが阿倍野という場所。お二人とも大阪出身ということで、共通点はあるんですか?

JK:単純に大阪弁やね。

出水:新しいアルバムも

綾戸:これが私のMASACAでございまして。40年前に17歳でアメリカへ行ったんです。誰や計算しているの。私、MASACA、ロスでレコーディングするとは思っていなかったんですよ。でもずーっと、なんかここに帰らなあかん、というか。40と言う数字、デビューも40歳だったんです。40年ぶりのアメリカ。行ってはいるんですよ。でもチャレンジで行くのは、あの17歳のときと、今回の40年ぶり。これしかなかったんですよ。で、ここでもう一度歌ってみたかったですよ、JAZZを。

それでタイトルも「Do Jazz」。これはコシノ先生と私の間では、ドゥ・ジャズではなく、「どジャズ」と。関西人は、ドゥとは読んでくれないと思うんです。

JK:(笑)

出水:というとある意味原点に立ち返ったような?

綾戸:原点はないんですよ。絶対進んでいるんで。ですけど40年前に今日を描けなかったけど、今やったら40年前に「こんなことがあったから」と言えるじゃないですか。過去とはそういうものじゃないですか?「あんなことせんかったらよかった」とか「やってよかった」、ではなく、40年前に分からなかった今日がある、そのことを振り返る、というだけで意味がある気がして。

JK:この40年間、いろんな人生経験あった上での、凄いよね。ただ歌っているんじゃないもの。

JK:(経験といえば)いっぱいアルバイトしたでしょ。ほら、ワニ。

綾戸:ジョージア州で、ワニの餌食になるショーがあるんですよ。魔法をかけられて、お姫様が倒れて、ワニの口の中に放り込まれる。

JK:それを、いいギャラだから・・・

綾戸:50ドルもらえたんですよ。

JK:50ドルは大きいわよね。

出水:ええっ!

綾戸:(ワニは)絶対食べへんと。そういう風に訓練されていると。お腹いっぱいやから絶対食べへんと言われて。そしたら、喉仏まできたら、生臭い、鶏の羽とか付いているんですよ、食べたばかりやったんやろね。

JK:どこまで入ったの?半分?

綾戸:半分でした。

JK:そんな経験した人いないですよ、50ドルで。

綾戸:お給料もらったら、アリゲーターで、ありげーたー!言うたってね。

JK:それ最高ね(笑)

=綾戸智恵オフィシャルホームページ=
http://www.chie-ayado.com/

お寿司屋さんで受け取った言葉

ゲスト:綾戸智恵さん part2

出水:お母様が2004年に脳梗塞で倒れられて、それから認知症を発症されて。綾戸さんは介護をおひとりで続けていらっしゃいますよね。介護されて結構たちますけれども。

綾戸:そうですね。10年ちょっとになりますね。

JK:介護って大変でしょ。

綾戸:実感しました。忘れないうちに先に言いたい。寿司屋さんで食べているときにね、私を救ってくれた言葉が出たんですよ。実はですね、あんまりみんなが「偉いね、がんばってるね。」って言っていたら、隣で食べていたおばちゃんがね、「ふん。介護なんて自己満足よ」って言うたんですよ。みんなが空気悪くなったんですよ。でも私、なんでそんなこと言うたんやろって、1日中考えていたんですよ。言うてるうちに、私倒れたんですよ。

そのときに、その言葉が生きましたね。合うてる。自己満足やと。
出来んことをやっているのは、自己満足ですよね。ヘルパーさんとかに頼んで、ちゃんと生きるもの。
おばあちゃんがもし認知症になっていなかったら、私に長生きしてほしいはずやん。私が死ぬようなこと、したくないですよ。自分の力を知るいうことも大事、ひとりでやったからひっくり返ってしもうたんです。だから10年続いているんですよ。いまは手を借りて。

JK:山あり谷ありでね。プラスプラスじゃしんどいもんね。やっぱりプラスアルファ、ちゃんとバランスとってね。

綾戸:頑張りすぎずに、というアドバイスがちっともわかりませんでしたから。

出水:この番組MASACAって言うんですけど。綾戸さんにとって・・・

綾戸:みなさんには当たり前かもしれないかもしれないことが、私にとってMASACAになることもありますよね。子供ですね。子供ってすごいなと思います。自分のMASACAよりも、産んだことからMASACAです。

JK:あんなすごい子になっちゃったわね。成長ってすごいよね。

綾戸:神秘です。私から出たのは確かなんですけど、この世界に入ると別物になっていくんだな、と。
なのに親の子なんですよ。不思議。言葉にしまりがないわ!すみません。もう

JK:ウチも同じこと経験してる。

綾戸:未知ですね。

=綾戸智恵オフィシャルホームページ=
http://www.chie-ayado.com/

ピックアップ