お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「広告モデル」の苦労話とスゴ腕技術を聞くとチラシや雑誌の見方が変わる

アフター6ジャンクション

独自な視点から様々なカルチャーを研究・発信し、その先を目指す「ビヨンド・ザ・カルチャー」では…「わたしたちは何も知らない広告モデルの世界」特集!

駅貼りのポスター、雑誌やWEBの広告、チラシ。そこで目にする笑顔の彼女、そして彼。名前も知らない、顔も正直覚えていない…あの人たちが「広告モデル」さん。カメラの向こうで無償の笑顔を振りまく広告モデルさんたちは、その微笑みの下に一体どんな苦労や 技術を隠し持っているのか? 広告モデルとして活躍されるお二方に語っていただきました。

スタジオには、広告モデルの日笠麗奈さんと…

二宮なゆみさん。

チラシのこういったモデルさんです。

雑誌にも。

彼女たち曰く「息するトルソー」という広告モデルの知られざる世界。「カオギリ」という、洋服を見せるために顔は隠されるケースもしばしばあったりするとか…秘話の詳細はこちらで!


ちなみに、お二人は当番組でもおなじみ人気振付師・竹中夏海さんらと「なでKS(くそ)ジャパン」というクルーも組織し「cakes」での連載や週1回のツイキャス配信、イベント出演などで活動中!

【番外編】
プロ広告モデルと番組パーソナリティのポージング技術の差がこちら(番組ステッカーを持って向こうを見る)

真ん中のお二人は、ちょっとした仕草や表情などすべてニュアンスが違うのが神業!