お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

マギーさんの様々な顔が光る!【旅路】

ラジオシアター~文学の扉

毎週日曜、夜9時からお送りしている
【ラジオシアター~文学の扉】

 

今週は先週に引き続き、ゲストにマギーさんをお迎えして、
モーパッサンの『旅路』をお届けしました。

今回2週に渡り同じ作品ではなく、2つの短篇を同じゲストの方と演じた中嶋さん。
この日マギーさんと、ショートショートの舞台をやりたいねと話が盛り上がっていました。

コントもやられるマギーさんは、登場人物の特徴を凝縮して、強烈に印象を残すのがさすがで、
ラジドラマでもそれが存分に発揮されました。
召使いのイワン役は、中嶋さんもブースの外も笑ってしまって「つらいわ~」と中嶋さんが嘆く場面も。

しかし今回の作品は、先週と打って変わって、さらに集中力の要るものでした。
一度読んだだけでは難しい伯爵夫人の感情が中嶋さんのお芝居によって見事に立体化され、
感動のマギーさん。
細かくディレクションをしていた作家の横山さんも、
「2人のリハーサルから本番へのグレードアップが凄かった。」と、
ラジオドラマの出来に太鼓判を押しました。
今回の収録は、舞台の稽古から本番の様子を目まぐるしく見ているようで、
それが上質であり見応えがありました。

この日、対談では読書の話も。
マギーさんオススメの本には中嶋さんも「読んでみよう!」と興味津々。
本として巧妙で、登場人物や全体の空気感も魅力的な作品をお勧めされていた印象でした。
演じる人も、脚本を書く人も読んで面白い、そんな本なのではないでしょうか。

俳優であり、脚本家であり、コント師でもあるマギーさんと、
女優・中嶋さんの技がぶつかり合い、ドラマパートも対談パートも盛りだくさんな二週でした!
by田上真里奈

ピックアップ