お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

加藤昌則さん、奏でる音から伝わる人柄【ベートーヴェンの生涯】(前篇)

ラジオシアター~文学の扉

毎週日曜、夜9時からお送りしている
【ラジオシアター~文学の扉】

 今週はゲストに作曲家・ピアニストの加藤昌則さんをお迎えして、
ロマン・ロランの『ベートーヴェンの生涯』(前篇)をお届けしました。

加藤さんの生演奏と朋子さんの朗読、贅沢なコラボレーションです!
お二人は何度か音楽劇で共演されているので、信頼関係もバッチリのご様子。
お互いの空気を感じ同調しながら、自然と一つの作品としてまとまっていきます。

加藤さんの奏でる音楽は、繊細でしなやか。
“聴く”というより“自然と体に流れ込む”という表現がピッタリの素敵な音色!

声も楽器も、人間が生み出す“音”には奏者の人柄が出るなぁと感じるのですが、
加藤さんの爽やかでナチュラルなお人柄が音にも滲み出ているようでした。

「勇気を出そう。
肉体はどんなに弱くとも、この精神で勝ってみせよう。」

「僕は、自分の芸術を、
貧しい人たちの為に、役立てたいと思っているんだ!」

魂の叫び、心と心の共鳴。
芸術とは何か…ベートーヴェンの言葉から、改めて考えさせられます。

来週もベートーヴェンの一生を朋子さんの朗読で、加藤さんのピアノ生演奏と共にお届けします。
誰もが知っている名曲の裏にある、壮絶な人生とは。
お楽しみに♪

by 永瀬千裕

ピックアップ