お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • お知らせ

4月15日(日)のゲストは『洲崎球場のポール際』著者・森田創さん▼メッセージテーマは「愉快な友達」▼朝10時から生放送『安住紳一郎の日曜天国』

安住紳一郎の日曜天国

キービジュアル 2017年10月~

毎週日曜 朝10時から生放送でお送りしているTBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」。4月15日(日)の放送は…

▼ゲストに、『洲崎球場のポール際』の著者・森田創さんをお迎えします。

▼メッセージテーマは「愉快な友達」です。

ちなみに、にち10スタッフの「愉快な友達」は…

「酒好きでバッカスと呼ばれている友人は、必ずバーで待ち合わせをし、ウイスキーをショットで5、6杯煽ってから居酒屋に向かう。空きっ腹にはかなりキツイので、なぜいつも1軒目にバーなのか尋ねると『アホやなぁ、これがホンマの“食べる前に飲む”やないか。体にええぞ!』とのこと。アホはお前だ」(30代♂・プロデューサー)

「大学時代、友人が働いていた本屋は革靴を履くことが義務だった。それを何度も忘れ、怒られていた友人は、ある日イチかバチか、スニーカーを脱ぎ、黒い靴下のまま業務へ。2時間後、店長にバレ、クビに…。そりゃそうだよ、靴履いてない店員さんなんて恐怖だよ」(30代♂・アシスタントディレクター)

「20歳のとき、友人Y君が成人式をボイコットして、家出すると宣言した。成人式前夜、我が家で送別会を開き、朝まで語り合い、駅まで見送りに行った。なかなか切符を買わないY君。財布をなくしていた。家出は半年延期された」(40代♂・ディレクター)

「美人で恋多き友人は今、還暦の男性とお付き合いしている。最近別れようかと悩んでいるが、その理由が『デートが公園ばかりで刺激が足りない…』。モテる女は悩みもなんだか優雅だ」(30代♀・おでかけリポーター)

「大学時代のバイト先にバイク命の熱い友人がいた。当時、私が黄色のバイクに乗っていたことをえらく気に入ってくれて、それ以来『黄色はお前のカラーだから…』と誕生日プレゼントなどは全部黄色いアイテム。正直、それほど好きな色でもないのだが、ガッカリさせてはいけないので、彼と会う時は今も黄色レンジャーを演じています」(30代♂・構成作家)

「約30年前の話だが今でも忘れられない。当時中学3年生、友達の大野君が、ある日の夕方、息を切らせてうちにやってきた。『今、UFOが飛んでる!すげー大きい!』急いで外に出た。『ほら、あれ!』彼が指差す空を見た。『あれ、満月だよ』と教えてあげると『えーマジで!?』と驚いていた。そんな彼は今、2児の父、日本料理屋の板前です」(40代♂・構成作家)

メッセージを紹介した全ての方に、にち10オリジナルポストカード その三十八、水彩画家・永山裕子さん制作の「青い毛糸の物語」をお送りします。Let’s ハッスル!