お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

男性のやる気を高めるホルモン「テストステロン」

生島ヒロシのおはよう定食|一直線

今週の「再春館製薬所 健康一直線」では男性のやる気を高めるホルモン・テストステロンについて、順天堂大学教授・泌尿器科医の堀江重郎先生にお話を伺いました。やる気を高めたり、うまく立ち回ったりする際に働く体内物質として、男性ホルモン「テストステロン」が知られていますが、テストステロンの分泌量は加齢に伴い低下し、また個人差も大きくなります。一日の中でも数時間のうちに分泌量が変化し、精神的ストレスや、激しい運動の後も下がります。加齢以外の外的要因に左右されやすいテストステロンの分泌量を高くして、よりよいコンディションの維持につなげるために、日ごろの生活で気をつけたいポイントは睡眠、運動、社会との関わりの3つ。例えば、テストステロンは睡眠中に分泌量が増える為、よく眠るのが大切です。重大な決断を行うのは、よく眠れた翌朝、一日の中でテストステロン値が高い状態にあるときがおすすめです。