お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

あなたの足は大丈夫?足の指が反り返る「浮き指」

生島ヒロシのおはよう定食|一直線

今週の「再春館製薬所 健康一直線」では足の指が浮いてしまう「浮き指」について、様々な足のトラブルに対応してきた
高田馬場病院の整形外科医・町田英一先生にお話を伺いました。「浮き指」とは医学的には「ハンマートゥ」と呼ばれるものの一種で、足の親指を甲の方向に強めに押した時、90度以上曲がったり、反ってしまって、踏ん張って歩けない足のことを言い、浮き指を起因として、ひざ・腰・首の痛み、自律神経の失調状態・うつ状態が起こることもあります。かつては草履や足袋をはき、鼻緒を足の指で挟むことによって指の力が鍛えられていましが、厚底の靴を履くようになり、地面を踏みしめる力が弱まっていることなどが原因と考えられています。改善法はとして、しっかり踏ん張れる足指力をつけるためにお勧めしたいのが、「足指じゃんけん」と「足指伸ばし」の足指の体操。足指じゃんけんは、足指をグッと丸めて「グー」、足の親指と他の4本の指を逆方向に曲げて「チョキ」、全部の指をできるだけ広げて「パー」。これを1セットとして10セット行い、1日に2回程度行ってみましょう。