お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【音声配信】特集「森友学園をめぐる財務省の公文書改ざん。問題の本質、そして会計検査院はなぜ機能しなかったのか?」三木由希子×西川伸一×荻上チキ 2018年3月15日(木)(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」22時~)

荻上チキ Session-22

荻上チキ・Session-22

TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』(平日22時~生放送)
新世代の評論家・荻上チキがお送りする発信型ニュース番組。

Main Session時事問題や社会問題などをおよそ1時間にわたって特集します。

森友学園をめぐる財務省の公文書改ざん
その問題の本質、そして、会計検査院は、なぜ機能しなかったのか?

【スタジオゲスト】
情報公開クリアリングハウス理事長の三木由希子さん

明治大学政治経済学部教授の西川伸一さん

森友学園への国有地売却に関する財務省の公文書改ざん問題をめぐって、安倍総理らが出席する参議院予算委員会の集中審議を週明け19日・月曜日に行うことで、きょう与野党が合意。また、佐川・前国税庁長官の証人喚問についても、19日の審議の結果を踏まえた上で判断することで合意しました。
こうした中、きょうの参議院予算委員会の前に行われた理事会で、会計検査院は、学園への国有地売却に関する検査を通じて、決裁文書が2種類あることを把握していたと説明。「報告せず、誠に申し訳ない」と陳謝する一方、「文書が書き換えられているとは思わなかった」と釈明しました。
今夜は、森友問題をめぐる公文書改ざん、そして、会計検査院の機能不全について、考えます。


★番組では月曜から金曜まで、その日のテーマについてなど、メールマガジンを配信中★
登録したい方はこちらからお願いします

===============================
「荻上チキ・Session-22」
TBSラジオで平日午後10時から生放送!
*ラジオはFM90.5/AM954
*パソコンorスマホで「radiko」でどうぞ
===============================