お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【音声配信】HIV/エイズ予防のアプローチ。 ゲイ・バイセクシュアル編【ラブセッション第12回 2018年3月2日放送分】(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」内・毎週金曜23時35分頃~)

荻上チキ Session-22

荻上チキ・Session-22
TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』(平日22時~生放送)

ラブセッション~HIV/エイズ啓発プロジェクト」(毎週金曜日の23時35分ごろから)
ラブセッション」は、HIV/エイズの正しい知識を学び、HIV/エイズのデマや嘘に惑わされないスキルを身に付けるコーナーです。4か月にわたり、HIV/エイズの基礎知識から実際の検査の方法、そして、HIV感染者の診療の現場まで、リアルなHIV/エイズに関する知識を学んでいきます。

第12回目のテーマは『HIV/エイズ予防のために必要なアプローチ。ゲイ・バイセクシュアルの感染予防編』

今夜「HIV/エイズ」の知識を教えてくれるのは、宝塚大学看護学部教授の 日高 庸晴(ひだか・やすはる)さん。

日高庸晴さんは、厚生労働省・エイズ対策研究事業の研究代表者として、インターネットを用いたHIV/エイズ予防に関する行動疫学調査や予防介入研究などを行ってます。日高さんは、女性が男性にコンドームの使用を促す際のテクニック集「ゴムを使う100の方法 女子のための the 100 ANSWERS」を作成されました。また、セクシャルマイノリティに焦点を当てた調査も数多く実施し、エビデンスに基づく施策提言を行っていらっしゃいます。

※ラブセッションでは、HIV/エイズにまつわる、リスナーの皆さんからの疑問・質問・メッセージをお待ちしています。また、ご自身や周りにHIV/エイズ患者の方がいる方からのメッセージもお待ちしています。あて先は、ss954@tbs.co.jp