お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

明日へのエール「エールシアター」!映画雑誌「SCREEN」編集局長・米崎明宏が選ぶオススメ映画!

明日へのエール~ことばにのせて~

TBSラジオで放送中の「明日へのエール~ことばにのせて~」(毎週土曜21時〜22時)。偉人の格言、映画のセリフ、言葉をテーマにしたショートストーリーなど、過去と現在に散らばる様々な言葉の中から、とっておきの言葉を集めてお届けしています。これらの「ことば」が、リスナーの皆さんにとってエールになれば…。そんな想いを込めた番組です。


「エールシアター」2月24日(土)

映画雑誌「SCREEN」編集局長・米崎明宏さんに、生きるヒントや、人生のエールになるような映画についてお話をうかがっている「エールシアター」。今回、米崎さんが選んだ映画は「ドリーム」

実話を基に、NASAを支えた知られざるヒロインたちを描いた感動のサクセス・ストーリー。日本では2017年に公開されました。キャストは、主人公キャサリン役に、タラジ・P・ヘンソン。ほかに、オクタヴィア・スペンサー、ジャネール・モネイ、ケヴィン・コスナーなどが出演しています。

あらすじ

時は、1961年。アメリカはソ連との熾烈な宇宙開発競争を繰り広げていました。
その中心となるのがNASAのラングレー研究所。ラングレー研究所では、ロケットの打ち上げから帰還までの様々な計算を行う“優秀な黒人女性たちのグループ”がありました。

グループの中でも、ずば抜けた才能を持つ数学者・キャサリンは、ある日、宇宙特別研究本部のメンバーに配属。
しかし、そこはエリート白人男性ばかりの職場。キャサリンは冷遇を受け、計算の仕事も満足にさせてもらえませんでした。

それは計算室にいる友人のドロシーや、メアリーも同じ。家庭がありながらも、昼夜問わず身を粉にして働いているのに理不尽な障害にキャリアアップを阻まれていたのです。

それでも、夢をあきらめない彼女たち。不平不満を心にとめながら、粛々と行動を起こしていきます。
仕事も家庭もあきらめない!不屈の精神の、その先にあったものとは?

今まで語られることのなかったNASAの「隠れた英雄たち」の姿を描き出した、映画『ドリーム 』。

苦難を乗り越えた人々をメインにしながらも、ハリウッドらしいエンターテインメント作品となっています。

見逃した方は、今月2日にDVD&Blu-rayが発売されたので是非ご覧ください!


米崎さんのカーディガン、オシャレです!

映画雑誌「SCREEN」4月号

米崎さんが編集局長を務める、最新洋画情報雑誌「SCREEN」4月号は現在販売中!

特集は…春だ!感動!アニメーション超泣ける!ディズニー/ピクサー最新作「リメンバー・ミー」、みんな大好き! 「映画ドラえもん のび太の宝島」など盛りだくさん!
付録は…永久保存版!豪華100ページ!発表目前!アカデミー賞のすべてがわかる第90回記念の付録ブックです!

読みごたえ満点!ぜひご覧ください!