お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

倉本さおりさんオススメ!この冬に読みたい本

有馬隼人とらじおと山瀬まみと

2月16日は、書評家でライターの倉本さおりさんをお迎えし、
おすすめの本をご紹介いただきました。
寒い毎日、なかなか外出が億劫になりますね。
そこで、「週刊金曜日」や「小説トリッパー」、「文學界」、
「週刊新潮」などで、書評欄や書籍紹介の連載を持ち、
的確な書評で、読書好きから雑大な支持を集めている倉本さんに
何冊かの本をお持ちいただき、お話を伺いました。

倉本さおりさんおすすめの書籍です。
URLをクリックしていただくと、購入ページにリンクしています。

源氏物語 アーサー・ウェイリー版
~日本の古典文学の代表作品を英訳、さらに戻し訳した作品。
 英訳独特の表現も面白いです!
著者:紫式部  英訳:アーサー・ウェイリー  翻訳:毬矢まりえ 、森山恵
左右社から、本体価格3200円+消費税

https://www.amazon.co.jp/dp/4865281630/ref=pd_rhf_dp_p_img_4?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=X9SZHANQGA41R7B71X5W

僕の違和感 上・下巻
~ノーベル文学賞作家の長編小説。
 貧しい村に生まれ育ち、12歳のときにイスタンブルにやってきたメヴルトは、
 伝統的な飲料「ボザ」を売り歩きながら、恋をし、家族を作り、成功を夢見るが・・・
著者:オルハン・パムク  翻訳:宮下遼
早川書房から、本体価格2200円+消費税

http://www.hayakawa-online.co.jp/shop/shopdetail.html?brandcode=000000013157&search=%CB%CD%A4%CE%B0%E3%CF%C2%B4%B6&sort=
http://www.hayakawa-online.co.jp/shop/shopdetail.html?brandcode=000000013158&search=%CB%CD%A4%CE%B0%E3%CF%C2%B4%B6&sort=

地下鉄道
~倉本さんイチオシ!曰く「今年はコレを読まなければ始まらない!」
 奴隷の少女が仲間の少年に誘われ、意を決し、地下を巡らす鉄道に乗り逃亡を図る。
 彼女は助けられ、裏切られながら、自由が待つという北をめざす。
著者:コルソン・ホワイトヘッド  翻訳:谷崎由依
早川書房から、本体価格2300円+消費税

http://www.hayakawa-online.co.jp/shopdetail/000000013729/

本を読むひと
~パリ郊外に暮らすジプシーの大家族が舞台。
 そこへ図書館員が訪ねてくることから始まった、家族の新しい物語。
著者:アリス・フェルネ  翻訳:デュランテクスト冽子
新潮社から、本体価格1900円+消費税

http://www.shinchosha.co.jp/book/590133/

ブラインド・マッサージ
~盲目のマッサージ師たちの奮闘と挫折、人間模様を活写。
 中国でベストセラーを記録した長篇。
著者:畢飛宇(ヒツ・ヒウ)  翻訳:飯塚容
白水社から、本体価格3400円+消費税

https://books.rakuten.co.jp/rb/14307629/

雪を待つ
~チベットの村で生まれ育った4人の子供たちの過去の思い出と
 現在の苦悩を描く、新しい世代による現代小説
著者:ラシャムジャ  翻訳:星泉
勉誠出版から、本体価格3200円+消費税

http://bensei.jp/index.php?main_page=product_book_info&products_id=100424

詳しくは、radikoのタイムフリー機能でどうぞ。

有馬隼人とらじおと山瀬まみとゲストと 2018年2月16日(金)http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20180216100000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

ラジオでは、AM954kHz、FM90.5MHz、
そしてPCやスマートフォンではradikoでもお聴きいただけます。
是非、お聴きください。