お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

その食べ方間違っています!Part3

生島ヒロシのおはよう定食|一直線

“聴くスポーツ新聞”「生島ヒロシのおはよう一直線」

(毎週月~金 朝5時30分〜6時30分)

ニュース、スポーツ、そして健康、シニアライフ、介護などをキーワードに、

生島ヒロシがわかりやすく、元気に様々な情報をお伝えしています!


毎週月曜日の6時10分頃からは、「サントリーウエルネス 健康相談塾」

リスナーのみなさまから健康と“食”に関するお悩みを募集し、

専門家の方にアドバイスを頂きながら、気になる健康情報をお届けしています。

 

番組では、健康に関するお悩みを募集しています。

ハガキ:〒107−8066 生島ヒロシのおはよう一直線「健康相談塾」係。

メール:ohayou@tbs.co.jp 是非、ご相談内容に、

コーナーの感想も是非添えてお送りください。

お便りが採用された方にはサントリーから素敵なプレゼントをお送りします。



東京都武蔵野市 ラジオネーム:ひろゆきさん 49歳男性

鈴木あきら先生の、「その食べ方間違っています」が、大変、参考になっています。
また、お願いします。

  今朝は、服部栄養専門学校講師 鈴木あきら先生に、食べ物の正しいとりかたについて伺いました。

<鈴木先生のお話>

○毎日する食事、それほど気にせず、好きなように食べていますが、意外に間違っていること多いんですよね。
・意外に「多い」といわざるを得ない。今回も、みなさんと勉強していきたいと思います。
まずは、“ベジタブルファースト” 野菜を先に食べる。という、ダイエットを起因にした食べ方ですが、栄養摂取という面から言うとだめ。野菜のビタミンC・B群は水溶性なので、身体の外に出されてしまう。ビタミン不足に陥る可能性がある。野菜の栄養素を取り込むには、胃に食べ物が入っている方が効率が良い。

○他にもありますか?
・鍋料理は、“ヘルシー”というのはだめ。これも野菜のビタミンC・B群の損失、脂肪分・糖分・塩分の摂取につながる。出汁の部分には、肉類の脂肪分や、野菜・根菜類の糖分が抜け出しているうえに、相当量の塩分が含まれている。〆での、雑炊はそれらを飲み尽くすということになる。鍋をヘルシーにするには、牛・豚ならもも肉。鶏ならむね肉。昆布やしいたけなどで出汁を摂った「水炊き鍋」がおすすめ。たれは、「ポン酢」〆の雑炊・麺類は、極力避けたいところ。

○寒い季節に注意したいことはありますか?
・生姜は、身体を冷やしてしまう、ということもある。「生」の生姜に含まれるジンゲロールという成分は、身体の芯を冷やす作用がある。生姜を加熱調理か、乾燥させれば、「ジンゲロール」が「ショウガオール」という身体の中で熱を作り出す成分に変化する。すりおろし生姜などは、解熱・殺菌作用効果があるので、風邪の引き始め悪寒がするような時は、非常に効果的な食材。