お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

山岸門人さん、汗をかきながらの熱演!【その木戸を通って】(前編)

ラジオシアター~文学の扉

毎週日曜、夜9時からお送りしている
【ラジオシアター~文学の扉】

 

今週はゲストに山岸門人さんをお迎えして、
山本周五郎の『その木戸を通って』前篇をお届けしました。

一人で何役も演じるのがこの番組の醍醐味。
脚本の横山さんと、どういう声で演じ分けをしていくか年齢なども含めて、
打ち合わせをしてから収録がスタートです。

中嶋さん演じるふさ、山岸さん演じる正四郎に影響していく周りの人物の中で、
個人的にはお二人が演じた駕籠かきの小物感が素敵でした。

中嶋さんは毎度お馴染み男性役も演じ、
山岸さんは正四郎の歯切れのいいの侍らしさとの対比が際立ちました。

中嶋さんは今回下女も演じていますが、

今回語りの中に「下女が喋った」という言及がなく、脚本として挑戦だったそうです。
しかしリハーサル一発目で、老けすぎず絶妙な下女を演じた中嶋さん。
小さい役ながら強く印象に残った収録のひとコマです。

山岸さんは二人きりでのラジオドラマは初めてだそうで、
じわっと汗をかきながら体力を使う収録に挑んでいました。

中嶋さんも前篇ドラマパートの収録が終わった時には
「二週分くらい録ったような気がする」とかなりの疲労感があったようです。

私自身も朗読劇で経験があるのですが、
声だけで張り詰めたシーンを集中して演じると、全身で演じるときよりも体力を使います。
舞台よりも朗読劇で大量の汗をかいたこともありました。

対談パートでは今回の作品の感想をお聞きしました。
説明しすぎない何とも不思議な空気感の中で、
正四郎が変わっていく様を楽しんで演じてくださったようです。

来週は物語がさらに動き出します。
軽やかでも重厚でもない、しかし濃密な空気感のある『その木戸を通って』後篇。
どうぞお楽しみに!

by 田上真里奈

 

ピックアップ