お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • お知らせ

「ZEH」と書いてなんと読む?エネルギーのスペシャリストが語る省エネ時代の今後。(株式会社エネテク)

TBSラジオキャスターリポート

TBSラジオキャスターの久保絵理紗です。

久保絵理紗
TBSラジオキャスター
(担当番組/安住紳一郎の日曜天国、伊集院光とらじおと、A.I.共存ラジオ 好奇心家族 ほか)

▲エコプロ2017会場風景

TBSも毎年出展していてお馴染みのエコプロ2017。TBSブースでは、各企業のエコに関する取り組みを取材し、生中継の様子を会場モニターに映し出してご紹介しています。その出展企業の中で、太陽光メンテナンスのプロフェッショナルである株式会社エネテクを取材しました。詳しいお話を常務取締役 河口雅志さんに伺いました。

▲株式会社エネテク常務取締役 河口雅志さんと

株式会社エネテクは、太陽光発電のメンテナンス事業を主要事業としていますが、元々は電気工事を主とした会社でした。電気工事・太陽光発電システムを熟知した「総合電機設備工事会社」です。電気工事のスペシャリストだからこそ、電気工事のノウハウを活かし、販売・設計・施工・検査・保守管理まで、すべて一貫して請け負うことができる太陽光エネルギーのプロフェッショナルなんです。              
                                                                                  

●電気工事の技術者が働きやすい環境を

                                              
そんな㈱エネテクが設立された背景には、電気工事の現場技術者の生の声が大きく影響しています。「電気工事の技術者が働きやすい環境をつくりたい」という思いを胸に、当初は3人でスタートされました。会社設立から10年が経ち、現在は中部、関東、関西の3エリア全7拠点で事業を展開しています。
実現した手厚い「駆けつけサービス」は、監視装置による異常通知や、停電時の手動復旧など、利用者の連絡に対し迅速に対応し現場に駆けつけ、機会損失を最低限に食い止めます。

●法人だけでなく住宅まで

今年の4月から法改正が適用され、「太陽光発電システムのメンテナンス」が義務付けられるようになりました。点検頻度は、各自治体により異なりますが、㈱エネテクでは、対企業だけでなく、個人宅へのメンテナンス業務も請け負っています。
また㈱エネテクは、電気保安管理の委託先として認可を受けているので、電気保安法人として高圧受電設備(キュービクル)の保安管理業務も行っています。豊富な経験のある技術スタッフが新鋭の試験器・測定器を使い、精度の高い点検を行います。

●太陽光あんしんメンテナンス「ソラパト」

▲メンテナンスに使用されるドローン


電気保安法人として全国で初めてJET PV O&M認定事業の保守点検業者として登録された㈱エネテクのメンテナンスブランド、その名も「ソラパト」。ソーラーパトロールです。「ソラパト」は、定期メンテナンスやソーラーパネル洗浄、草刈りのほか、空中からの検査が可能な「ドローン検査」も行っています。

▲なかなか操作が難しいドローン・・・


この検査に使用しているドローン操作をエコプロの出展ブースで体験させていただけました!風のない会場内でも、前後左右の感覚を掴むのは難しく、終始操作に苦戦…。雨風吹き曝しの屋外で操作だけでなく検査も行うなんて、プロの力はさすがです。自力では見えにくところまできちんと検査してもらえるのは、心強いですね。

●「ZEH」と書いてなんと読む?

「ZEH」とは業界用語で、「ゼッチ」と読むようですが、これは一体何かというと、「ゼロ・エネルギー・ハウス」。つまり、簡単にいうとエネルギーを自給自足で賄う家のことです。㈱エネテクが提案しているのは、快適な室内環境を保ちながら、住宅の高断熱化、高効率設備による省エネルギーと太陽光発電等によりエネルギーをつくることで、年間に消費する住宅のエネルギー量が正味ゼロ以下となる住宅です。政府が定めるエネルギー基本計画でも、今後ZEHが新築住宅の標準となるよう目標が制定されていますので、この先より身近な話題となりそうですね。

●「節電」だけでなく、「節税」まで。

河口常務曰く、「今の企業に求められているのは、コスト削減しながら省エネである」ということで、㈱エネテクは企業に対し、太陽光エネルギーによる「節電」と「節税」を併せることにより結果的にコストダウンに繋がる提案をします。

●茨城がダントツ1位!

太陽光エネルギーの普及が広がっていますが、地域により差はあるのか?河口常務に伺ったところ、地域により歴然と差が出ているようです。太陽光エネルギーの普及が一番進んでいるのは、ダントツ茨城県!続いて九州が多いそうです。条件は、日照時間が長いことと、地価が安いこと。農作物のように、土地の特性が現れるのは興味深いですね。

法人向けにも、個人向けにも、電気の有効的な運用方法を提案してくれるトータルソリューションエネルギーカンパニー、株式会社エネテク。ぜひ一度、メンテナンスなど、身近なところからご相談してみてはいかがでしょうか。