お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

食べ過ぎと言われる現代人。理想的な食事の取り方は?

生島ヒロシのおはよう定食|一直線

“聴くスポーツ新聞”「生島ヒロシのおはよう一直線」

(毎週月~金 朝5時30分〜6時30分)

ニュース、スポーツ、そして健康、シニアライフ、介護などをキーワードに、

生島ヒロシがわかりやすく、元気に様々な情報をお伝えしています!


毎週月曜日の6時10分頃からは、「サントリーウエルネス 健康相談塾」

リスナーのみなさまから健康と“食”に関するお悩みを募集し、

専門家の方にアドバイスを頂きながら、気になる健康情報をお届けしています。

 

番組では、健康に関するお悩みを募集しています。

ハガキ:〒107−8066 生島ヒロシのおはよう一直線「健康相談塾」係。

メール:ohayou@tbs.co.jp 是非、ご相談内容に、

コーナーの感想も是非添えてお送りください。

お便りが採用された方にはサントリーから素敵なプレゼントをお送りします。



広島県福山市 ラジオネーム:けんすけさん 47歳男性

ここ数年、徐々に太って来て、なかなか痩せなくなりました。
朝・昼・晩としっかり食事を摂ってきているのですが、
やはり、すこし食べ過ぎでしょうか。1食くらい抜いた方がいいでしょうか。

  今朝は、イシハラクリニック院長 石原結實先生に、理想的な食事の取り方について伺いました。

<石原先生のお話>

○“現代人は食べ過ぎ”とも、言われますが、実際どうですか?
・「腹八分に病無し、腹十二分に医者足らず」という言葉がある。腹八分にするためには、腹十二分の三分の一、三食のうち一食抜けば良い。この方法ですと、辛い空腹感とは無縁で、排泄促進、体熱上昇、血液浄化、消化吸収器官の休息、リラックス効果などが得られる。

○朝・昼・晩ですと、どの食事を抜くのが良いですか?
・生活習慣や仕事の都合により、どの食事を抜いても構わない。オススメは、朝食を抜く、「朝だけ断食」が理にかなっている。そもそも、朝は「入れる」のではなく、「出す」時間。寝ている間は、完全に「入れる」行為がストップ。「出す」ための器官が、活発に活動する。そのため、朝一番の尿は濃く、息は臭くなり、目ヤニが出る。人体の生理の鉄則に、「吸収は排泄を阻害する」というものがあるが、朝食によって吸収をはじめると、せっかくの排泄の機会が失われてしまう。

○朝、なんにも口に入れなくて良いのでしょうか。
・脳や筋肉のエネルギー「糖」なので、良質な糖分を摂れば良い。朝は胃腸に負担をかけず、(排泄を妨げず)に、「糖分」と「水分」を補える、「ニンジン・リンゴジュース」か、「黒砂糖やハチミツを加えた生姜入りの紅茶」がオススメ。糖分を補えば、血糖値が上がって空腹感も無くなる。

○そのあとのランチは、どんなメニューがいいですか?
・ランチは、「断食」明けの本格的な食事になる。大量の食べ物を胃腸に入れては、身体の負担が大きくなる。そこで、老化防止に直結する食べ物を少なめに、効果的に摂りたい。条件は、「消化が良い」「栄養のバランスが良い」ということから、「ソバ」が最適。身体を温める、「七味唐辛子」「ネギ」などの薬味をたっぷり入れると、さらに良い。ソバの代わりに、具だくさんの「うどん」「パスタ」「ピザ」に、タバスコをかけて召し上がるのもオススメ。