お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

明日へのエール「エールシアター」。映画雑誌「SCREEN」編集局長・米崎明宏が選ぶオススメ映画!

明日へのエール~ことばにのせて~

TBSラジオで放送中の「明日へのエール~ことばにのせて~」(毎週土曜21時〜22時)。偉人の格言、映画のセリフ、言葉をテーマにしたショートストーリーなど、過去と現在に散らばる様々な言葉の中から、とっておきの言葉を集めてお届けしています。これらの「ことば」が、リスナーの皆さんにとってエールになれば…。そんな想いを込めた番組です。


「エールシアター」11月28日(土)

映画雑誌「SCREEN」編集局長・米崎明宏さんに、生きるヒントや、人生のエールになるような映画についてお話をうかがっている「エールシアター」。今回、米崎さんが選んだ映画は「ユー・ガット・メール」

キャストは、主演ジョー役にトム・ハンクス、キャスリーン役にメグ・ライアン。そのほか、グレッグ・キニア、パーカー・ポージーなどが出演しています

あらすじ

ニューヨーク・マンハッタンで、母親から譲り受けた「街角の小さな本屋さん」という名の、絵本専門店を経営する「キャスリーン」。ショートヘアがよく似合うキュートな女性。

彼女にはフランクという恋人がいました。…ですが、一人の時、密かに楽しんでいたのが、インターネットで知り合った男性との、他愛もないEメールのやりとり。

キャスリーンのハンドルネームは「ショップガール」。相手のハンドルネームは「NY152」。メールを重ねるほどに、そこに綴られたロマンティックでユーモア溢れる文章がふたりの心を近づけていく。

そんなある日、キャスリーンの店のすぐ側に、値引き商法の大型書店「フォックス・ブックス」が開店。どんどん客は奪われ、店は潰されそうになります。

実はこの大型書店の御曹司・ジョーこそがハンドルネーム「NY152」の正体!何も知らない2人は気づかぬまま、会えば敵対し、喧嘩を繰り返します。

その一方で、顔の見えないメールのやりとりでは相手のことを思い合い、親密さが増していくばかり。

やがて店のことで窮地に立たされたキャスリーンは一大決心をします。それは…、〝本音で話せる「NY152」と直接会いたい″と。

ふたりは一体どうなるのか?ニューヨークを舞台に、複雑な状況に置かれた主人公たちが恋する心と向き合うまでを描いた作品です。

1125シアター

映画雑誌「SCREEN」1月号

米崎さんが編集局長を務める、最新洋画情報雑誌「SCREEN」1月号は現在販売中!
今回は、2大超豪華付録!
「820人超のスター&監督 大名鑑2018」
そして、SCREENでしか手に入らない「特製版STAR WARSカレンダー2018」です!
「2018年!これがスゴい大特集」、「超話題のアメコミ&シリーズ映画」など特集も読み応え満点です!
ぜひご覧になってください!

1125スクリーン
★今回の収録で出来たてホヤホヤの「SCREEN」を持ってきていただきました!